個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾フランチャイズの開校資金の調達方法をチェック!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2022/02/02


子ども一人一人の学習ペースや苦手に応じて指導ができる個人指導塾では、フランチャイズで開校するケースが増加しています。しかし、個人指導塾をフランチャイズで開校する際、どのくらいの費用が必要なのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、個別指導塾フランチャイズの開校資金や調達方法を解説します。

個別指導塾フランチャイズの開校資金の目安

フランチャイズと聞くと、コンビニエンスストアや飲食店で利用されるビジネスモデルであるとイメージする方も多いのではないでしょうか。しかし、最近では個人指導塾でもフランチャイズを利用してオープンするケースが増加しています。

なぜなら、フランチャイズで個人指導塾をオープンさせることによって、本部である学習塾のブランド力を利用できるからです。そもそもフランチャイズとは、本部となる学習塾に対してフランチャイジーと呼ばれる加盟店側が加盟料を支払い、本部の商標権や特許権、著作権などの特定の権利を使用できるようになるという仕組みです。そのため、個人指導塾の看板に本部となる有名な学習塾の看板を掲げて開校できるのです。

また、商標権や特許権を使用できる権利だけでなく、本部の学習指導に関するノウハウや経営方法、教室のレイアウト、物件選び、募集広告など必要なサービスがパッケージ化されている場合もあります。

また、親が学習塾選びで重要視している点は、塾の実績や知名度がほとんどです。つまり、個人経営で無名の個人指導塾をオープンさせるよりも、フランチャイズで知名度と実績のある個人指導塾をオープンさせる方が、効果的な集客が期待できるのです。しかし、フランチャイズでかかる開校費用は、個人経営で個人指導塾をオープンさせるよりも高額な費用が必要となります。

まず、個人経営・フランチャイズの双方にかかる開校費用として、開校資金があります。開校資金とは、学習塾に必要な机やイス、備品の購入、物件の契約・内装費などに必要な資金のことであり、学習塾をオープンさせるためには必ず必要になる資金です。そして、個人指導塾の開校資金にかかる平均費用は約350万円程度です。さらに、フランチャイズで個人指導塾を開校する際は、開校資金に加え、本部に加盟金支払う必要があります。加盟金は学習塾によって金額にバラつきがあり、おおよその目安は200万円です。

つまり、フランチャイズで個人指導塾を開校するには、初期費用として開校資金と加盟金の合計350万円程度が必要となるのです。また、学習塾によって加盟金に含まれる金額が異なります。そのため、研修費や保証金は含まれているのかなどを慎重に確認しておく必要があります。

また、開校後に毎月本部に対してロイヤリティの支払いが必要となることも、フランチャイズで開校する際に発生する特有の費用です。ロイヤリティは本部によって設定されている金額が異なり、授業料や入塾料などの売上金に対して歩合方式を採用している場合もあれば、売り上げに関わらず一定の金額を設定しているケースもあります。

個別指導塾フランチャイズの開校資金の調達方法

個人指導塾の開校には、個人経営・フランチャイズに関わらず高額な費用を準備する必要があります。そのため、自己資金で開校資金を準備することが難しい場合は、外部から資金を調達しなければなりません。

まず、外部から資金を調達する方法の一つとして、銀行から融資を受けるという方法があります。しかし、銀行の融資は審査に厳しいため、必ずしも利用できるというわけではありません。また、申請時にビジネスの収益性や担保の有無などを記載した事業計画書の提出が必要です。

次に、日本政策金融公庫に融資を依頼するという方があります。日本政策金融公庫は、経済成長に取り組む方や地域成長を活性化する活動を行っている人に対して支援を行っており、事業の実績や担保がないという場合でも融資を行ってくれるケースがあります。また、日本政策金融公庫にはさまざまな制度があり、融資を積極的に行っていることが特徴です。

最後に、自治体の助成金や補助金を利用することも手段の一つです。自治体によって制度が異なり、融資の実行にも時間がかかるケースがありますが、銀行よりも柔軟に対応してもらえる場合が多いことが魅力です。また、個人指導塾の開校に厚生労働省が支援している地域雇用開発助成金を利用できる場合があります。地域雇用開発助成金とは、求人の少ない過疎地域などに新たに事業所を置く、増築する際、地域の人を従業員として雇った場合に受給できる助成金のことです。

ただし、助成金を利用するためには対象となる地域で事業所を設置または増築し、ハローワークなどから人材を雇用する必要があるなど細かな要件をクリアする必要があります。つまり、個別指導塾の開校に必要な資金を調達する際は、まず利用できる制度を知り、必要な資金の金額や状況に応じて適切な制度を利用することが大切なのです。

個別指導塾フランチャイズの開校手順

個別指導塾の開校には資金調達だけでなく、開校に関するさまざまな手続きを進めていく必要があります。まず、フランチャイズで個別指導塾を開校する場合は、どこの学習塾を本部とするかを決定します。

その際、加盟金やロイヤリティといったコスト面を確認することも大切ですが、フランチャイズの強みである学習塾のブランド力を生かして集客ができるか、経営方針に同意できるかということについても確認しておきましょう。また、1つの学習塾を見て決めるのではなく、複数の学習塾を比較・検討することをおすすめします。

次に、ある程度候補が決まったら、説明会に参加します。説明会では、本部からの支援の詳細や教育に対する考え方などの話を聞くことができ、不明点があれば積極的に質問しておくことが重要です。事前に疑問を解決しておくことで、開校後のトラブルを防ぐことにつながります。

そして、加盟したい本部が決定したら、フランチャイズの加盟審査を行います。無事加盟審査に通過できれば、加盟金を支払って正式に加盟できます。また、加盟審査が通過した時点で、どこの地域に開校するか、開校時期はいつにするかを考えておくようにしましょう。

そして、開校準備のステップでは、物件の契約や教室の準備、講師の募集、広告・宣伝などを段取りよく進めていくことに加え、本部が実施する研修を通じて個人指導塾に関するノウハウを学習します。無事に準備が完了したら開校となり、本部に対して決められたロイヤリティを定期的に支払って経営していくようになります。

ただし、フランチャイズで個別指導塾を開校しても必ず経営が安定するというわけではありません。そのため、本部にすべてを任せるのではなく、自分自身で経営目標や生徒数、売上目標を明確にし、常に課題解決のために行動し続けることが大切です。

 

フランチャイズで個別指導塾を開校する場合、個人経営での開校と比較して初期費用や運営費用が高くなる傾向にあります。しかし、本部となる学習塾のブランド力やノウハウを活かし、開校当初から集客が見込めるなどのメリットがあります。そして、個別指導塾を開校するには高額な費用の準備が必要です。そのため、自己資金でまかなうことが難しい場合は、銀行や自治体、日本政策金融公庫などの融資を受けることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 明光義塾
明光義塾の画像
第6位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
第7位 個別指導Wam
個別指導Wamの画像
第8位 アクシス
アクシスの画像
記事一覧