個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!

個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキングを、アンケートも実施した上で作成しました!

近年、子供の将来を見据えて良い大学や就職先に入れたいという想いから、私立や公立の中高一貫校への進学を検討する方や今よりも成績アップをしたいと考える方が増加しつつある傾向にあります。

そのため子供全体の人数は減っているものの学習塾の需要は高まる一方です。

就職に学歴は関係ないと言われている時代とはいえ、全く無視することはできない現代の社会状況を考えると、親御さん達が教育熱心になるのは当然かもしれませんね。

そして、良い大学や中学・高校に入学するための対策として、学習塾の中でも特に個別指導塾が注目されています。

理由としては一般的なグループ授業形式よりも臨機応変な対応が望め、分からない部分を放置せず、子供に合ったペースで学習できるからでしょう。

上記のような背景に伴い、個別指導塾の経営者を募集する動きも活発になっているのです。

私はこの度、元教師として未来の子供達に何か出来ることがないかを考え、これから教育業界に参入する経営者を支援するこのサイトを立ち上げました。

個別指導塾のフランチャイズ(FC)は、ビジネスモデルとして魅力的な面はもちろん沢山ありますが何より、子供達を育て成長を見守る喜びが大きい仕事です。

オーナーを目指すにあたり、大きな利益を求めている方よりも子供達に何ができるのかを真摯に考えられる方に携わってほしいものですね。

このサイトでは業界未経験の方にもおすすめできる、サポート体制が整った個別指導塾のフランチャイズ(FC)をランキング形式で紹介しています。

またランキングは、数ある個別指導塾フランチャイズ(FC)の中から、特におすすめのできる個別指導塾フランチャイズ(FC)を厳選し、その上、WEBアンケート調査を実施した上で順位を決定したものです。

個別指導塾のフランチャイズ(FC)選びにお悩みの方は是非参考にしてみて下さいね。

個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング一覧!

城南コベッツの画像1
全国に300校近く開校しておりアンケート結果も高い

さまざまな個別指導塾フランチャイズの中から私がランキング1位に選んだのは、「城南コベッツ」です。

城南コベッツは神奈川県川崎市の「株式会社城南進学研究社」が運営元となっていますが、北海道から沖縄まで全国に295校もの教室を開校しているという実績を持っています。

今回このランキングを作成するためにWEBアンケート調査を行ったところ、関東在住の多くの方からこの城南コベッツを評価する回答をいただき、集計数についても他の個別指導塾を抑えトップとなりました。

この城南コベッツが評価されている点は、やはりその優れたカリキュラムや教育システムによる「結果」を出しているということが大きいでしょう。

保護者からの信頼が厚いので、口コミでその利用者が増え続けているのです。

第2位 アクシス
アクシスの画像1
大手教育企業が運営し、全国に幅広く展開している

ランキング2位となったのは、全国に360校以上展開している学習塾「アクシス」です。

今回のアンケートでも1位になった城南コベッツに次いで2位の評価を獲得しています。

アクシスという名前自体はそれほど知らないという方であっても、この学習塾の運営企業である「株式会社ワオ・コーポレーション」に関してはよくご存じの方もおられるかもしれません。

子ども向けの学習アプリ「ワオっち!」は、教育関連商品としては大きな成功を収めています。

そんなワオ・コーポレーショングループの一員であるアクシスは、充実した教育カリキュラムやシステムを用いて現在順調にシェアを獲得しているようで、今後伸びる学習塾のひとつとして期待されています。

第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像1
全国に260校を展開、授業料の安さが評判

3位にランクインしたのは、株式会社ヒーローズホールディングスが運営している個別指導学院「ヒーローズ」です。

この学習塾自体は老舗の大手学習塾よりも比較的最近誕生してはいますが、それでもその評判のよさから着実にシェアを拡大していき、現在では全国に260箇所以上の教室をフランチャイズ展開しているようです。

その評判のよさはいったいどのような点にあるのか。

授業内容の質の高さなどももちろんありますが、やはり従来型の塾と比較して費用がそれほどかからないという点が大きいでしょう。

これまで「高い」と言われ続けてきた学習塾のコストを大幅に下げることに成功し、ライバル校と比べてその点で有利に立っているのです。

トライプラスの画像1
有名家庭教師サービスで知られるトライの学習塾

4位にランクインしたのは、「トライプラス」です。

「トライ」という名前からもわかる通り、このトライプラスは家庭教師の派遣でよく知られている「家庭教師のトライ」と同じ企業が運営を行っています。

この学習塾の最大の強みは、やはりその高い知名度でしょう。

学習塾に関してはあまりよく知らないという方であっても、家庭教師のトライという名前はテレビコマーシャルや駅広告などで一度は目にしているはずです。

トライプラスも、そうした知名度の高さによる恩恵を受けているといってもよいでしょう。

トライプラスも家庭教師のトライ同様、全国的に展開を行っています。

2017年度のフランチャイズ教室数は370を超えているようです。

フリーステップの画像1
「一隅を照らす教育」を理念に掲げる個別指導学院

ランキングの最後、5位にランクインしたのは、「個別指導学院フリーステップ」です。

フリーステップは西日本、そして東日本の駅前を中心に教室を展開しており、今後のシェア拡大も予想されています。

そんなフリーステップが掲げている理念は、「一隅を照らす教育」といったもの。

現在の教育ニーズとは昔と比べてかなり多様化しており、ひとつの頑固な教育スタイルでは多くの生徒のニーズを満たすことができません。

だからこそ、フリーステップでは生徒一人一人の要望を叶えるための教育方針を掲げており、あらゆるニーズを満たせるようにしています。

それに加え、フランチャイズオーナーが経営を行いやすいためのサポートも充実させており、こうした点がランキング選出の決め手となりました。

城南コベッツを1位としておすすめする理由



■「生徒第一主義」の教育理念

おすすめの個別指導塾フランチャイズ(FC)を選ぶにあたり、私が一番注目したポイントは教育理念です。

城南コベッツでは、「生徒第一主義」という子供に寄り添った方針を掲げています。

子供にただ勉強させれば良いという塾ではなく、両親ではない第三者として勉強面や精神面から子供を支える塾と言えるでしょう。

具体例としては、生徒が快適な環境で学習できるように、落ち着いた雰囲気の木製ブースや照明を用意するなどの設備強化や業界初の成績保証制度、WEB学習システムの設置、家族と連携した防犯対策などが挙げられます。

これほど生徒の立場で考えられた教育をしている塾は他には見当たらず、社会貢献への高い熱意を私は感じました。

理想を語るだけではなく実際に行動しているところが高評価ですね。

■ レベルの高いサポート体制

次に、経営者への本部サポート体制が充実していることも見逃してはいけない点でしょう。

直営教室で室長として経験を積んだ信頼のおけるスーパーバイザーから定期的に指導を受けることができますし、勉強会やセミナー、研修でレベルアップしていくことも可能です。

開業前後18日におよぶ研修~開業後の継続サポートまで全てが丁寧に行われていますので、業界未経験者でもつまずく心配はないでしょう。

そしてその証拠は「多くのフランチャイズ(FC)オーナーが複数校経営に成功している」という実績からも伺い知ることができますね。

具体的な数値としては、なんと城南コベッツのフランチャイズ(FC)2017年度の開校教室において、71%が複数経営オーナーの開校という驚きの割合です。

1教室だけでも大変なところ、複数経営できるまでに成長できるのは、やはり城南進研グループの長い歴史の中で培われたノウハウがあるからこそなのでしょう。

■ 満足度の高い進学塾でランキング第1位!

また、このランキングを作成するにあたり、個人的な見解のみでは説得力が足りないと思い、実は私の方で独自にWEBアンケートを行いました

複数ある個別指導塾フランチャイズ(FC)の中から、「最も満足度の高い進学塾」を一般の方々に選んでもらった結果、一都三県(埼玉・神奈川・千葉・東京)エリアに住んでいる人達に、城南コベッツが1位として選ばれたのです。

やはり満足度が高い個別指導塾塾のフランチャイズ(FC)を選んだ方が、順調な経営を望む事ができるため、この結果も踏まえて城南コベッツを1位として紹介させていただきました。

城南コベッツは全国展開にも力を入れており、大阪に5教室、福岡に6教室、愛知には9教室を展開しています。

今後も拡大予定でありこの状況を見ると、一都三県以外でも安心して経営することができそうだと感じさせられました。

また公式ホームページでは、城南コベッツの教育事業への想いの強さ、一緒に事業を成功させようという姿勢に心打たれたという現役フランチャイズ(FC)オーナーからの声も多く見ることが出来ます。

そちらも大変参考になりますので是非一度ご覧になって見てください。

個別指導塾フランチャイズ(FC)の開業資金やロイヤリティはどのくらい?



■ 開業資金の相場

フランチャイズ(FC)方式のビジネスモデルは資金0円で始められる業種もありますが、個別指導塾の場合、加盟金を含む開業資金やロイヤリティなどの費用がかかるのが一般的です。

では具体的に開業資金はどの程度かかるのか、この項目でお話したいのですが、その前にお伝えしなくてはならないことがあります。

そもそも「開業資金」というのは企業によってその内訳には大きな差があり、比べることは非常に難しいです。

開業資金とは、基本的に開業時に必ずかかる費用のことを指しますが、販促費や宣伝費、保証金などが含まれて計算されているのか、別途必要な費用として記載されているのか、それにより大きく金額が変わります。

まず、開業資金を見る時には何の費用が含まれているのか、内訳を確認することが大事でしょう。

このことを踏まえた上で目安として開業資金の相場をお伝えすると「200万円~400万円」が多いようです。

当然この金額が少ないからフランチャイズ(FC)経営を始めるのにお得な塾というわけではありませんから、この金額は個別指導塾を選ぶ基準というよりは、あくまで「この程度資金を用意する必要があるのだ」という心構えのためにお役立てください。

開業資金の他に物件や設備費用があることも忘れずに資金計画を行いましょう。

■ ロイヤリティの相場

フランチャイズ(FC)のロイヤリティの決定方法としては、大まかに定額制と歩合制に分けられますが個別指導塾の場合、歩合制を導入している企業が多いということを前提として知っておきましょう。

歩合制とは、いわゆる成果報酬型のシステムで売り上げ業績によって金額が決まります。

他にも生徒数を基準に計算する方法を取り入れているケースや授業料、経費、入学金に対しての一定の割合をロイヤリティとする例も見られますね。

さて、肝心の相場割合ですが「売上の10%」としている場合が多いようです。

本部との契約期間は3年が一般的ですが、この期間はロイヤリティが発生し続けるため、どの程度コストがかかるのか、先行投資に見合うサポートを行ってもらえるのか、資金は無事回収できるのか、各社資料や説明会、ネット情報などを参考によく検討してみてください。

個別指導塾フランチャイズ(FC)で売上を上げるには?



生徒のことを一番に考えた塾を選んでほしいと言っている私が、売上の話を取り上げるのは違和感があるかもしれません。

しかしながら安定した収益を得なければ、そもそも子供達を育てていくことが出来ませんので売上の話は避けて通れませんね。

■ フランチャイズ(FC)方式の利点

ところで、私が個人経営ではなくフランチャイズ(FC)方式の塾経営をおすすめしている理由の一つとして、ノウハウを得ながら一定の収益を得られることが挙げられます。

日々ロイヤリティを払う必要はありますがそれよりも、初めて経営を行う人や業界未経験の人でも経営を始める事ができること、大きな失敗をするリスクを減らせることを考えれば安いものだと思うのです。

ではフランチャイズ(FC)に加盟さえすれば、売上を上げられるのかというと残念ながらそうではありません。

本部のサポートが充実している企業は多いですが、成功を収めるためには頼りきりにならずに一緒に成長していこうという姿勢が大事になってきます。

常日頃から問題点を見つけ出し、改善するためにはどうすれば良いのか考えて行動しましょう。

■ 売上を上げるヒント

さて、ここで売上に大きく関係していると思われるポイントをお話したいと思います。

それは、「生徒の集客力」です。

塾経営は定期的に収入が得られる会員制のビジネスモデルとも言えます。

開業前に生徒を充分に確保しておかなければ、最初の時点で資金繰りにつまずいてしまう原因になるでしょう。

そこでフランチャイズ(FC)の強みである「ブランド力」は存分に利用するべきです。

本部の方でチラシの作成を行ったり、WEBで宣伝を行ったりとサポートを行ってもらえることも多いです。

また、その集客力には「教師・カリキュラムのクオリティ」「教室の環境」も関係していると考えられます。

親御さんが塾を選ぶ時には安心して子供を預けられるのかを検討し、これらのことも細かくチェックしています。

ですから宣伝だけ派手に行ったとしても中身が無ければ何の意味もありません。

仮に生徒を集められたとしても、内容が悪い、通いにくい環境であると感じられれば生徒は離れていくでしょう。

経営が上手くいかない個別指導塾の例



また、個別指導塾の内情として生徒の成績より、売上を上げることを優先させている塾もあると聞きます。

具体的には定期試験前の忙しい時期に、夏期講習や特別講習に勧誘するための面談を行うなどの事例があるようです。

そうせざるを得ない事情があるのだと思いますが元教育者として、とても残念に思います。

これは生徒だけでなく現場の教師側にとっても良い状況ではありません。

生徒の成績をアップさせることに集中できず、勧誘に力を入れていては教える内容の質が落ちてしまうのではないでしょうか。

そしてそういった側面は、隠そうとしても生徒や親御さんには伝わってしまい結果的に生徒がいなくなる原因につながるのです。

ですから、売上第一主義よりも生徒を大事にする方針の方が経営的に考えても、順調に進めていけると言えるでしょう。

これから塾を経営したいと考えている方には、経営理念に注意してフランチャイズ(FC)を選んで頂きたいものです。

個別指導塾フランチャイズ(FC)での授業料設定方法は?


さて、塾経営において収益に直結してくる「授業料」はどのように決めれば良いのでしょうか。

この項目では授業料の基本的な考え方について解説したいと思います。

授業料を計算する際に考慮しなくてはいけないのは、講師の人件費、生徒の人数、授業回数などです。

まずは講師の時給と経費比率から1コマあたりの売上を計算します。

次に、それを「一人の講師が教える生徒の人数」で割ったものが1コマあたり生徒に支払いをお願いする金額です。

少しややこしいですが、その金額に授業回数をかけると月謝になると考えれば良いでしょう。

また、計算をした結果、一般的に考えて授業料が高すぎると感じた場合、講師の人件費を下げることや人数を調整すると生徒の負担を減らすことができる可能性があります。

授業料は安ければ良いという問題ではありませんが、あまりに法外な金額を提示しては入会するのを躊躇されてしまいます

周囲の競合塾などの金額相場を知った上で最終的な授業料を設定しましょう。

そして1点注意しておきたいのは、月の授業回数により年間売上が変化することです。

月の授業回数は決まっているわけではありませんから、本部と相談しながら生徒だけでなく経営的にも最適な年間カリキュラムを考えてみてください。

個別指導塾フランチャイズ(FC)の本部サポートとは?


このサイトでは本部サポートが充実している塾を多く紹介していますが、改めて具体的な内容をまとめてみたいと思います。

まず、開業前のサポートとしてはオーナー・室長研修や物件紹介、宣伝活動などが挙げられます。

個別指導塾の経営は、他業種のフランチャイズ(FC)よりも比較的短い準備期間で始めることができると言われていますが、教室を構える場所の選定や物件契約、内装工事、資金調達、講師の募集など意外と行わなくてはならないことがあります。

そんな中で研修や宣伝などの集客活動を本部にサポートしてもらえるのは大変心強いでしょう。

開業後のサポートに関しては、継続してもらえる期間や内容が学習塾によって差があります

例を挙げると定期的な研修、スーパーバイザーの訪問・経営アドバイス、講師紹介などでしょうか。

開業後はクオリティを上げるためのサポートが主になりそうですね。

そして、セミナーや勉強会など意見交換できる場が設けられることもあるようですから、様々な人の考えを取り入れられる機会も多いことでしょう。

フランチャイズ(FC)を最大限に活用してご自身の経営力をレベルアップさせてくださいね。

個別指導塾フランチャイズ(FC)のメリット・デメリット



■ メリット

今までお話してきた中でメリットが沢山あることはお分かり頂けたかと思いますが、もう一度簡潔にまとめると、ブランド力を生かした経営ができること、ノウハウが得られること、サポート内容が充実しているため短い期間で開業可能であることが大きいと思います。

そして、集団授業を行う塾ではなく個別指導塾だからこそ生徒に指導できる内容が充実していることも大きなメリットだと私は思うのです。

近年、この少子化社会の流れの中で、お金をかけて子供一人一人に質の高い教育を受けさせたいと考える親御さんは着実に増えています。

大学全入時代だからこそ他の学生と差をつけるために、難関大学入学の価値が受験者の中では以前よりも増しているのです。

学習塾を利用する目的は、学校の勉強についていくためだけではなく、入試対策に利用しているという方は非常に多いです。

このような背景の中で個別指導塾の市場は拡大し続けるでしょう。

さらに大学の入試形式がセンター試験から大学入学共通テストに変わることで、更に注目されることが予想されます。

その理由としては、記述式問題が増え、表現力が試される問題に取り組むことになるため、従来の暗記式問題の対策をするよりもさらに高度な対策が必要になるからです。

これらのニーズや問題に対応出来る、一人一人に最適な指導を行ってくれる個別指導塾は、時代のニーズに対応した最適なサービスとも言えます。

■ デメリット

デメリットとしては、経営の自由度が低い、ロイヤリティを支払わなくてはならないという点があります。

ある程度業界や経営経験がある方や、自由な経営方針で運営したい方は個人経営の塾の方が向いているかもしれませんね。

業界未経験者の方にとってフランチャイズ(FC)はデメリット以上に得るものが大きいビジネスモデルです。

どちらが向いているのか、ご自身の状況に合わせて選択することをおすすめします。

まとめ



簡単に要点をまとめてみましたのでご覧ください。

気になる個別指導塾の開業資金の相場は「200万円~400万円」と言われています。

また、売上を上げていくには、フランチャイズ(FC)本部に頼りきりにならずに一緒に成長していく姿勢が大事です。

生徒の集客力や教師・カリキュラムのクオリティ、教室の環境にも注目して運営を行っていきましょう。

そして授業料の設定は周囲の競合塾など金額相場を知った上で決定することが大事です。

フランチャイズ(FC)本部のサポートは開業前後に渡って行われ、経営力をアップが望める機会も多いですから存分に活用してみてください。

また、フランチャイズ(FC)のメリットはブランド力を生かした経営ができること、ノウハウが得られること、サポート内容が充実しているため短い期間で開業可能であることが挙げられます。

デメリットは経営の自由度が低い、ロイヤリティを支払わなくてはならないという点がありますが、未経験者にとってはデメリット以上に得るものの方が大きいでしょう。

■ 最後に

経済的な問題や、結婚年齢の上昇などを理由に、一人っ子や兄弟数が少ない家庭は増え続け、日本全体の問題となっているわけですが、子どもの絶対数が減少しつつある以上、教育者は一人ひとりの子供を大事に育てあげ、社会に役立つ人材へと成長させる義務を果たす必要があります

教育者として、これからの未来を担う人材をどのように育てていくのか、それによりどのように社会貢献することが出来るのかを真剣に考え、熱意を持って教育に取り組んで頂きたいものです。

このサイトを参考にして信頼できるビジネスパートナーを見つけてくださいね。

 

記事一覧

受験対策などをする個別指導塾はたくさんの生徒がいれば、それだけ多くの売上を得られるビジネスです。 フランチャイ ・・・[続きを読む]
世の中にあるフランチャイズの個別指導塾の中でも、赤字で倒産してしまうところもあれば、商売繁盛のところもあります ・・・[続きを読む]
フランチャイズの個別指導塾をオープンさせる場合、オープンしたら終わりではないので、最終的にどれだけ売り上げを伸 ・・・[続きを読む]
受験対策をしたい子供を教える個別指導塾は人気があって、フランチャイズサービスを利用して始めるのも可能です。 支 ・・・[続きを読む]
個別指導塾をフランチャイズで開業するのを検討しているときには契約を締結することになります。 その契約書に記載さ ・・・[続きを読む]
フランチャイズで開業したいと思っているときにはロイヤリティーがどのくらいになるのかが疑問になるでしょう。 個別 ・・・[続きを読む]
将来的に個別指導塾のフランチャイズに加入するためには、開業資金が必要になります。 開業資金は、個別指導塾をオー ・・・[続きを読む]
個別指導塾を開業するにはフランチャイズがおすすめです。 そのほうが誰でも比較的、開業しやすいからです。 しかし ・・・[続きを読む]
十分な支援を受けられるフランチャイズサービスですが、個別指導塾の経営をしたいときも利用できます。 ただ注意点も ・・・[続きを読む]
個別指導塾を選ぶ場合、フランチャイズでの開業方法があります。 しかし自分たちに合わないような所を選んでしまった ・・・[続きを読む]
塾はいろいろな事業の中でも比較的開業しやすいジャンルです。 現在、子供への質の高い教育がこれまでより求められて ・・・[続きを読む]