個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

ECCベストワンの画像

会社名 株式会社ECC
本社所在地 〒530-0044 大阪市北区東天満1-10-20 ECC本社ビル
代表者 代表取締役社長 山口 勝美
創業 22798
設立 27395
資本金 4,500万円
従業員数 1,450名、講師3,600名(2020年5月31日現在)
おすすめポイントECCジュニア併設で幼児層の囲い込みが可能
ECCベストワンは、英会話教室や資格取得のための学校などさまざまなスクールを展開する株式会社ECCが運営している個別指導塾です。中でも知名度の高い「ECCジュニア」を併設することで、ブランド力による信頼感を得られるのはもちろん、幼児層の囲い込みによる安定した経営スタイルの確立が可能になることなどを強みとしています。

長年のFC事業でつちかってきたノウハウを基に、物件選定から学校長の採用、講師の育成、生徒募集まで、トータルにサポートしてくれます。オーナーを対象とした研修も用意されているため、学習塾の経営が初めての方でも安心して始めることができます。

ECCベストワンとはどんな学習塾?

ECCベストワンの画像
ECCベストワンは小学校1年生~高校3年生を対象に、1人の講師が1人または2人の生徒を指導する授業スタイルで、5教科すべてに対応する個別指導塾です。教室運営を担う学校長と教科別の担任講師のほか、経験豊富な本部スタッフが進路進学アドバイザーとして生徒一人ひとりをきめ細やかにサポートします。

ECCベストワンのこだわりは、地域密着の学習。地元の学校の教科書に完全準拠して先取り教育を行うことにより、学校で授業を受けたときに「授業の内容が分かる」という自信を持たせ、自発的な学習へのモチベーションを高めていくことを目的として指導を行います。

圧倒的知名度を誇るECCジュニアの併設で、幼児層を囲い込み

ECCベストワンの画像
ECCベストワンの強みは、圧倒的なブランド力を誇る英会話教室「ECCジュニア」を併設した教室運営が可能ということ。ECCジュニアは、2歳~中学生までを対象とした英会話教室です。35年以上の歴史があり、生徒数は全国に30万人以上、教室数は1万1,000以上を展開しています。

ECCジュニアを併設することのメリットは、幼児層の囲い込みです。長く通ってもらえる幼児・低学年の生徒を獲得することは、学習塾共通の課題ですよね。ECCベストワンであれば、幼児期に英会話教室に通った子どもが、成長とともに学習塾へと移行してくれることで、安定した経営が見込めるとともに、理想的な教室運営のスタイルが実現できます。

ECCベストワンの画像

ECCベストワン

ECCジュニア併設で幼児層の囲い込みが可能

公式サイトで詳細を見る

本部による手厚いフォロー

ECCベストワンの画像

物件の選定

教室運営が成功するかどうかは、物件選びにかかっていると言っても過言ではありません。ECCベストワンでは長年のFC事業でつちかってきたノウハウを基に、周辺の生徒数や競合の情報など、丁寧な市場調査を実施。

その上で、集客が見込めるエリアの中でもできるだけ家賃を抑えることを念頭に、15~25坪ほどの物件をおすすめすることが多いようです。安定した経営が行えるよう、物件の選定から手厚くサポートしてくれます。

学校長の採用

物件選びと同様に重要なのが学校長選びです。雇用はオーナー自身で行いますが、面談場所の用意から面談の実施、そして採用する人物の決定まで、本部でも万全のサポート体制を整えています。

人柄はどうか、リーダーシップ力があるかどうかはもちろん、保護者・生徒への対応能力、事務能力など、学校長としてふさわしい人物かどうかを多角的に見極めるためのアドバイスも提供。決定後はオーナーと学校長が円滑にコミュニケーションを取れるよう、随時サポートしてくれます。

運営基本研修

開校前にはオーナーと学校長を対象に、6日間の運営基本研修を実施します。生徒や教室の安全管理、電話対応、事務処理、確定申告のやり方、保護者への適切な対応など、教室運営に必要な幅広い内容をカバー。そのため、未経験の方でも問題なく始めることができます。

開校後も、本部のSVが定期的に訪れて実地研修を行います。現場ごとに異なる課題を一緒に解決し、オーナーの“運営力”を高めるサポートをしてくれます。

講師の育成

授業が商品である学習塾にとって、授業の品質は経営の命運を左右します。そのためECCベストワンでは、年に3回実施している講師研修会を通して、講師の指導スキル向上に特に力を入れています。本部のSVによる定期的な実地研修では、現場で指導にあたる講師へのサポートも的確に行います。

生徒の募集

せっかく教室をオープンしても、生徒が集まらなければ経営は成り立ちません。ECCベストワンでは、地域に特化した教室ごとのオリジナルチラシを作成し、生徒の募集活動をサポート。教室名を差し替えただけの、ほかのFC塾でよくあるチラシとは異なり、教室の内装や講師の写真、合格実績やイベント情報など、教室独自のコンテンツを掲載することで、競合と差別化を図ることができます。

ECCベストワンでは、ECCジュニアを長年運営する中で蓄積してきた広告宣伝のノウハウを、生徒の募集の際にも活用しています。そのノウハウは研修などの場でオーナーへ惜しみなく伝授してくれるので、費用対効果を考えたベストな広告戦略を展開することができます。

初期費用や経営イメージについて

ECCベストワンの画像
教室を開校するにあたって必要な初期費用の一例をご紹介します。

■保証金…50万円(非課税)
■契約金…275万円(税込)
■内装工事・看板・什器備品…275万円(税込)
■販促物品・教材見本…15万円(税込)
合計 615万円(税込)

なお、内装工事・看板・什器備品に関する費用は、物件の規模や条件によって金額が異なります。学習塾の運営は比較的少ない費用で始められることもあり、3~5年を目安に初期費用を回収しているオーナーが多いようです。

教室の広さ別経営イメージ

続いて、教室の広さに応じた経営イメージについて紹介します。

【18坪の場合】
■生徒数…約50名
■収入…約1,900万円
■支出…約1,500万円
■利益…約400万円

【40坪の場合】
■生徒数…約80名
■収入…約3,200万円
■支出…約2,400万円
■利益…約800万円

上記の生徒数や金額はいずれも目安となります。40坪の教室の場合、8坪ほどの自習スペースを確保したイメージになっています。また、ECCジュニアを併設する場合、3坪ほどのスペースが確保できれば開校可能です。なお、ECCジュニアには専任講師を雇用する必要があります。

まずは資料請求や説明会への参加をしてみよう

抜群の知名度を誇る英会話教室「ECCジュニア」を併設するという他にはない経営スタイルが魅力のECCベストワン。本部のサポートも手厚いので、初めての方でもチャレンジしやすい環境と言えます。

そんなECCベストワンが気になった方は、まずは資料請求をしてみましょう。グループが60年以上かけてつちかってきた経営ノウハウや、収益モデル、開校までの流れなど、開校・運営に関する幅広い情報を得ることができます。

また、より詳しく説明を聞きたい方や、疑問点について質問したい方は、説明会に参加してみましょう。説明会は全国の会場で毎週3~6日ほど行われていますので、都合に合わせて参加できます。なお、この説明会はオンラインにも対応しています。

ECCベストワンを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

生徒の性格や希望を聞いてくれて、1人1人に寄り添った指導を心掛けてくれている。

引用元:https://www.jyukunavi.jp/

高校受験だけでなくさらなる将来へのよい影響となり大学、将来の夢などさまざまな視野をひろげてくださいました。

引用元:https://www.jyukunavi.jp/

ECCベストワンの画像

ECCベストワン

ECCジュニア併設で幼児層の囲い込みが可能

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 明光義塾
明光義塾の画像
第6位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
第7位 個別指導Wam
個別指導Wamの画像
第8位 アクシス
アクシスの画像
記事一覧

個別指導塾フランチャイズおすすめ比較ランキング

商品画像12345678910
商品名城南コベッツ明光義塾トライプラスフリーステップECCベストワンヒーローズ個別指導Wamアクシスすららネット京進スクール・ワン
特徴全国に300校近く開校しておりアンケート結果も高い業界NO.1の教室数・生徒数を誇る個別指導のパイオニア有名家庭教師サービスで知られるトライの学習塾「一隅を照らす教育」を理念に掲げる個別指導学院ECCジュニア併設で幼児層の囲い込みが可能全国に260校を展開、授業料の安さが評判独自の集客ノウハウ&出店戦略で早期黒字化を目指す!大手教育企業が運営し、全国に幅広く展開している加盟金&ロイヤリティ不要!しかし開校・運営サポートは手厚い脳科学に基づいた独自の学習法「リーチングメソッド」に則った指導を行う
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
フランチャイズ(FC)経営におすすめの個別指導塾ランキングはこちら