個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾の生徒がいなくなる原因とは?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/21

受験対策などをする個別指導塾はたくさんの生徒がいれば、それだけ多くの売上を得られるビジネスです。

フランチャイズ契約をして事業を始めるのも可能ですが、経営していると利用者が減っていなくなるときがあります。

利用者が減るのには理由があるため、なぜ人が来なくなったのか十分に考えるべきです。

 

生徒が減る原因として考えられること

支援を受けられるフランチャイズは便利なサービスで、塾経営をしたいときにも利用できます。設備をどのように用意するかなど相談できるため、経験の浅い方でも安心して始められる特徴があります。

ただ支援を受けつつ個別指導塾を経営していても、生徒がだんだん減ってしまうときがあるので気をつけなければいけません。利用者が多く減ってしまえば経営の維持ができず、ビジネスを続けられなくなってしまいます。

利用者が減ってしまう原因としてあるのは、地域に同じようなサービスを提供しているケースがあります。複数の塾があれば競争が起こってしまうため、経営している所の利用者が少なくなりやすいです。事業を始める場合は周囲にどの程度、同じサービスを提供いている所があるか確認しなければいけません。詳しく調べてないで起業してしまうと、後で問題になるので十分に調べておく必要があります。

また、料金が高く使いづらいときも問題になります。塾の料金はだいたい相場が決まっていて、それに近い金額ならば利用者も不満を感じません。しかし相場よりも高い金額にしてしまうと、負担が大きいと感じてしまって利用者が減ってしまいます。

塾経営をするときはどの程度の相場なのか確認して、金額を把握しておけばトラブルを起こさずにすみます。相場については近くにある同じような塾を参考にすれば、どの程度の金額なのか把握できます。調べるのはそれほど難しくないため、事前に必要な情報を集めておくべきです。

他の原因としてあるのは、教え方に問題があるケースもあります。十分な結果を得られないと利用者は不満を感じてしまい、途中で辞めてしまうので気をつけなければいけません。不満を感じて辞めた方は周囲に悪い評判を話してしまって、それが原因で大きな問題が起こるときもあります。利用者との信頼関係は重要になりやすく、日頃から問題が起こらないように対応しなければいけません。

経営に問題が起こるのには何らかの理由があるため、それを理解しながら対応すればトラブルを避けられます。原因を把握するのが何よりも重要で、日頃から対応しておけば安心して経営を続けられます。

 

個別指導塾で生徒が減ったときの対応

個別指導塾はフランチャイズを利用して始めるのも可能で、少ない資金で起業ができるので人気があります。支援を受けつつ事業をするときは、どのような形で経営するか考えなければいけません。

経営をするときに重要になるのは資金の計算で、正確におこなっていないと問題になるので気をつけるべきです。計算を正確におこなっていれば、トラブルも起きづらく安定した経営を続けられます。しかし間違った計算をしていると、それが生徒への負担になってしまう場合もあるので注意がいります。収入が少ないからといって月謝などを上げてしまうと、利用者がいなくなるので問題になります。

塾を利用する人が減っているときは、なぜそうなったのか十分に考えなければいけません。月謝などが高くないか調べておくのが大切で、十分に確認しておけば原因を把握できます。料金が周囲の他の塾に比べて高い場合は、金額を下げなければいけません。上手く金額を下げられれば良いのですが、そうでないときはどのようにするか対策を考える必要があります。

具体的な対応については支援を受けている所に相談して、どのようにするべきか話し合うのも効果的です。支援をしている所は資金の計算を得意にしているため、経営上の問題点などを指摘してくれます。

ビジネスを続けているときに利用者が減ってきた場合は、なぜそうなったのか生徒に聞かなければいけません。アンケートなどをして情報を得ておけば、理由を把握できるので問題に対応できます。原因を特定するのは案外難しいときもあるため、時間をかけて対応しなければいけない場合もあります。利用者とよく相談して問題を解決できれば、信頼される塾の経営ができるようになります。

事業を続けるためには利用者を増やさなければいけませんが、何らかの理由で減ってしまうときもあります。利用者が減少するのには必ず理由があるので、詳しく調べて対応しなければいけません。

原因を調べるのが難しいときは支援をしている会社に相談し、何が問題か話を聞いてみる方法もあります。日頃から信頼関係を築いておけば、困ったときも十分な支援をしてくれます。

 

早めに対応したい個別指導塾の問題

大学受験などで利用される個別指導塾は、成功すれば大きな利益を得られるビジネスです。しかし失敗する可能性もあるため、実際に事業をするときは慎重に対応しなければいけません。

事業をしているときに生徒が減ってしまう場合は、その原因を調べる必要があります。放っておくと利用者がいなくなる可能性もあるため、早い段階で問題を解決しなければいけません。

良くあるトラブルとしては十分な学力を得られず、受験対策などに使えないと判断される場合があります。結果が重視される学習塾は学力を得られないと、利用者が減ってしまうので注意しなければいけません。生徒に合った学力を得られる塾ならば、利用した人も評価してくれるので安心です。勉強方法の工夫などをしておけば、利用者に向いている適切なサービスを提供できます。

このような問題を把握して対応すれば、塾の経営を成功させるのも難しくありません。原因を把握して解決すれば利用者も増えて、安定したビジネスを続けられるようになります。ただなぜ個別指導塾が上手くいかないのかは、塾によって原因が変わるので気をつける必要があります。問題の解決方法も違ってしまうため、十分に調べてから解決方法を考えるべきです。

勉強を教える塾の経営は問題を早い段階で把握して、対応できれば大きなトラブルにはなりません。塾によって利用者が減る理由は変わるため、問題がないか日頃から調べておくのは大切です。

良くある利用者が減る理由としては、生徒の学力を把握せずに教えている場合があります。本人の実力に合った教育をしないと結果を得られず、塾を辞めてしまう可能性もあるので注意がいります。利用者の実力を調べるときはテストをおこない、どの程度理解しているか把握しなければいけません。テストの結果に合った教育方法を考えるのも重要なので、適切な対策をする必要があります。

また利用者と信頼関係を築く努力も重要で、日頃から十分に話し合って信頼を得ておかなければいけません。信頼関係を築いていれば、不満を感じているときも話してくれるので原因をすぐに把握できます。

 

フランチャイズサービスを利用しておこなう個別指導塾は、多くの生徒を集められれば十分な利益を得られます。しかし利用者が減ってしまうときもあるため、問題が起こらないように経営をしなければいけません。

利用者がいなくなる原因は多く存在していますが、塾によって変わるので十分に調べる必要があります。生徒に話を聞いて確認する方法もあるため、日頃から問題点がいないか調べておけば柔軟に対応できます。

個別指導塾を長く経営するためには利用者の意見を聞き、フランチャイズ会社の支援を受けつつおこなう必要があります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 アクシス
アクシスの画像
第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
記事一覧