個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

アクシスの画像1

会社名 株式会社ワオ・コーポレーション
代表取締役社長 西澤 昭男
常務取締役 津江 芳典
取締役 平山 明浩
澤枝 純一
池森 英雄
山本 潮
松下 和敏
軽部 丈晴
大内 健生
(非常勤)取締役 西澤 眞佐栄
小宮 一慶
監査役 山口 善系
所在地 ワオ・コーポレーション大阪本社
〒530-0015
大阪市北区中崎西1-5-14 WAO第2ビル
TEL
06-6377-7971(代表)
FAX
06-6377-3240(代表)

ワオ・コーポレーション東京本社
〒102-0083
東京都千代田区麹町4-4-7 アトム麹町タワー7F
TEL
03-5215-2141(代表)
FAX
03-5215-2143(代表)

ワオ・コーポレーション秋葉原事務所
〒101-0023
東京都千代田区神田松永町4-1
ラウンドクロス秋葉原11F
TEL
03-5289-9531(代表)
FAX
03-3258-5313(代表)

設立 1976年5月15日
資本金 100百万円
社員数 806名(2020年3月時点)
おすすめポイント全国に260校を展開、授業料の安さが評判

ランキング2位となったのは、全国に360校以上展開している学習塾「アクシス」です。

今回のアンケートでも1位になった城南コベッツに次いで2位の評価を獲得しています。

アクシスという名前自体はそれほど知らないという方であっても、この学習塾の運営企業である「株式会社ワオ・コーポレーション」に関してはよくご存じの方もおられるかもしれません。

子ども向けの学習アプリ「ワオっち!」は、教育関連商品としては大きな成功を収めています。

そんなワオ・コーポレーショングループの一員であるアクシスは、充実した教育カリキュラムやシステムを用いて現在順調にシェアを獲得しているようで、今後伸びる学習塾のひとつとして期待されています。

アクシスの画像

アクシス

大手教育企業が運営し、全国に幅広く展開している

公式サイトで詳細を見る

ただ単純な学習力を向上していくだけではなく、自分たちで考えられる人間力を形成

フリーステップの画像2

■ 「学習」というものに対する考え方

このアクシスという個別指導塾に関して私が評価しているポイントのひとつが、学習というものに対する捉え方です。

実はこれが学習塾によってかなり異なり、子どもや保護者との相性にも大きく影響しているのです。

とくに、塾経営をこれから行おうとする方にとってはチェックしておいた方がよいでしょう。

このアクシスが学習というものに対してどういったスタンスで臨んでいるのかということですが、どうやらこの学習塾はそれらを単なる「試験に合格するためのハードル」としてだけ考えるといったことはしていないようです。

■ 世の中を変える人材を育てていく

公式HPにおいて「真の教育・文化立国の創出」を打ち出しているこの学習塾では、授業によってただ単に学習力を向上させていくだけではなく、学習を経て自分たちで考えることのできる力を生徒たちに対して芽生えさせていきたいようです。

それによって単なる学校の「点数」以外では測りきれない力をはぐくみ、世の中を変え得るほどの資質を持った人間を育てていくという、とても大きな理想を持っているように感じられました。

こうしたポジティブな姿勢は、学習塾の経営者として共感できる、理解できるという方も多いのではないでしょうか。

教育カリキュラムやシステムは時代の流れや傾向に合わせ、常に見直し

フリーステップの画像3

■ 教育カリキュラムの見直しが行われているか

また、私がアクシスに対して個人的に評価したい、素直に感心させられたポイントは、自分たちの行っていることに対して常に考え、適宜見直しを行っているということです。

現在運営が行われている多くの学習塾に共通している問題にはさまざまなものがありますが、その中でも「教育カリキュラムが古いまま」というのは意外と大きな問題のひとつです。

教育業界というのは流れが速い世界で、常に絶えず変化を続けています

しかし、それに学習塾側がついて行けているのかというといささか疑問符がつくところで、多くの塾では昔有効だった教育カリキュラムやシステムをそのまま維持し続けているといったことがしばしばなのです。

■ 時代の変化に合わせて常に変化していく

そうした状況に陥ってしまうと、「学校で習っていることと塾で教わっていることが違う」といったことだけでなく、「塾でしっかり勉強したのに受験ではまったく役に立たない」といった事態をも招きかねないのです。

当然、そのような塾は信頼を失い、生徒数の減少につながるでしょう。

このアクシスではそのような遅れが発生しないよう、自校で採用している教育カリキュラムやシステムに関しては常に見直しを行い、時代の流れや傾向に合ったものに替え続けています。

「能開センター」開発の学習カリキュラムを活用し、効率的な学びを実践

フリーステップの画像4

アクシスがそのように絶えず見直しを行っている教育カリキュラムについてですが、それ自体も一般的なものと比較すると優れたものとなっています。

アクシスが採用している学習カリキュラムは、大手総合型学習塾である「能開センター」のノウハウとなっています。

能開センターは学習塾業界の中でも比較的老舗とも言える存在で、東北から九州まで比較的大きな規模で展開を行っています。

「学ぶおもしろさが伝わる授業」をモットーとしている能開センターでは、「導入」「展開」「定着」の三つのサイクルを繰り返すことによって問題に対する知識を定着化させ、難問に対する苦手意識を克服することを目的としているようです。

こうした能開センターの教育ノウハウをアクシスではふんだんに活用しており、インターネットを経由した個別指導システム「Axisオンライン」や各種映像講座、単元別集中トレーニング講座、その他1対2での個別指導など、生徒の事情やニーズに応じた多様な形式を用意して学習に臨んでくれます。

運営する側としてはサービス内容の把握が難しいかもしれませんが、その反面こうした多様さは経営的な強みになるとも言えるでしょう。

アクシスの画像

アクシス

大手教育企業が運営し、全国に幅広く展開している

公式サイトで詳細を見る

地域特性を重視し、その場所に合った経営戦略を立てる

フリーステップの画像5

全国に360校以上学習塾を展開しているアクシスですが、その経営的な特徴として、「地域特性」を重視しているということが挙げられます。

アクシスではその地域でどのようなことが求められているのかということを把握することに重点をおいているようです。

地域によっては他の場所で有効だった戦略が有効でないという場合も多々ありますので、こうした方針は有効と言えるかもしれません。

画一的な戦略を求められない分、オーナー側としては少々臨機応変に立ち回らなければならないということもあるかもしれませんが、その分自由な経営ができる可能性もあるかもしれません。

気になる開業資金や収支

アクシスの画像10実際に塾を開校するとなったとき、いくら資金が必要なのか、開業後の収支はどれくらいになるのか気になりますよね。ここではその気になる費用について紹介していきます。

■他では考えられない低価格な開業資金

アクシスは、本格的な個別指導塾の中ではかなかない低価格な開業資金を実現しています。

【20坪の場合の開業資金】
加盟金:150万円
開校支援費(教室プロデュース、開校前後のサポートなど):30万円
教室設備費(ブース・イス・受付カウンター・パンフレットスタンドなど):120万円
教室備品費(シュレッダー・防犯具・事務用品、見本教材など):30万円
広告宣伝費(開校時の生徒募集チラシ費、パンフレット類など):150万円

開業するためにこれだけの資金が必要になり、合計すると480万円となります。しかし、この資金には物件取得費と内装工事費が含まれていないので、それらを含めると約700万円が開業資金として必要です。

また、ロイヤリティは生徒20名まで0円となっており、もし生徒が増えていったとしてもそれに対する追加費用、ロイヤルティ率の引き上げもありません。このように、アクシスは経営の支払い負担を減らすことで、塾の経営が早くに安定することを支援しているのです。

さらにそれだけではなく、アクシスでは複数校の経営も応援しているため、2教室目以降を開校するときには、加盟金が150万円から50万円となります。100万円も加盟金が安くなれば、2教室目を開校しやすくなりますよね。

これを見るだけでもアクシスは、フランチャイズオーナーの味方であるということが分かるでしょう。

■年収1,000万以上も夢じゃない?

続いて紹介するのは、年間の収支モデルです。例えば生徒数が20名の場合、月間の利益が約6万円、年間で考えると約81万円となり、利益率が9.7%となります。

では、もしアクシスが最初の目標として掲げている生徒数50名になった場合には、月間利益が約64万円、年間利益が約772万円、利益率は36.8%です。その後また増えていって、生徒数が60名まで伸びると、月間利益は約86万円、年間にするとなんと1,000万円以上にもなり、利益率は41.1%になります。

生徒数が60名ほどいる塾を経営できるようになれば、年収が1,000万円以上にも及び、経済的にも豊かになりますよね。このように具体的に数字で表される収支モデルを見るだけでも、モチベーションアップにつながるのではないでしょうか。

ワオ・グループというブランドを重視するのであれば

フランチャイズオーナーに対するサポートや運営の行いやすさといった点を考慮した結果、今回のランキングにおいてこのアクシスは2位とさせていただきました。

この学習塾においてもっとも大きな特徴と言えるのは、やはり大手企業であるワオ・グループの一員ということでしょう。

そうでない塾と比べると、大手企業が運営に参加しているかいないかでは経営的な信頼がかなり変わってきます。

そうした点を考慮し、「安全なフランチャイズ元」としてこのアクシスを選ぶというのも戦略のひとつでしょう。

アクシスを利用した方の口コミ・評判を集めてみました!

便利な環境!

●講師

よい点 子供にあう先生を選んで教えてもらえる

悪い点 特になし

●カリキュラム

よい点 分からない所を重点的に指導してもらえる

悪い点 始めたばかりでまだ分からない

●塾内の環境

よい点 自習室もあり、いつでも勉強出来る環境とフリードリンクは親にはありがたい

悪い点 特にないと思います

●その他

入塾の時間や退出なども分かるし、いつでも自習室が使えて勉強出来るのは助かります。
自宅からも近くて便利な環境も良いと思います

引用元:https://www.jyukunavi.jp/

→生徒によって学習方法や目的、学校が異なるので生徒に合った学習方法を提供する必要があります。

アクシスでは個人別、目的別、学校別の最適化学習を行っているので、それぞれの生徒の目標に達成できる学習プランになっています。

そのようなプランがあるので個別指導塾が未経験の方でも心配いりません!

また、口コミにもあるように塾の入退室の時間が分かるシステムを導入するなど、保護者の方からの評判もいいです。

評判がいい塾だと安心して経営できますよね。

サイト内検索
記事一覧

個別指導塾フランチャイズおすすめ比較ランキング

商品画像12345
商品名城南コベッツアクシスヒーローズトライプラスフリーステップ
特徴全国に300校近く開校しておりアンケート結果も高い全国に260校を展開、授業料の安さが評判「一隅を照らす教育」を理念に掲げる個別指導学院有名家庭教師サービスで知られるトライの学習塾大手教育企業が運営し、全国に幅広く展開している
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
フランチャイズ(FC)経営におすすめの個別指導塾ランキングはこちら