個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾フランチャイズを開業する利点について詳しく解説!

公開日:2022/01/15  最終更新日:2022/02/02


個別指導塾を開業するには個人経営とフランチャイズの2つの方法あります。そして、個別指導塾の開業を検討しているけれど、双方の特徴や違いがあまりわからないという方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、個別指導塾フランチャイズを開業する利点や必要な開業資金などについて詳しく解説します。

個別指導塾フランチャイズを開業する利点

フランチャイズと聞くと飲食店の開業やコンビニエンスストアの開業に利用するビジネスモデルであるとイメージしている方も多いのではないでしょうか。しかし、最近ではさまざまな業界でフランチャイズのビジネスモデルが利用されており、個人指導塾でもフランチャイズで開業するケースが増加しています。

そもそもフランチャイズとは、フランチャイザーと呼ばれるオーナーや本部に対して、フランチャイジーと呼ばれる加盟店側が加盟金を支払うことで、商標の使用権を獲得して開業する方法です。

また、加盟店側は、本部に対して加盟金だけでなく、定期的にロイヤリティを支払う必要があります。ロイヤリティとは、本部の商標権や特許権、著作権などの特定の権利を使用することに対して支払うお金のことを指します。また、ロイヤリティは業種や加盟する企業によって金額が異なり、粗利分配方式や売上歩合方式、定額方式によって金額が決定します。

ただし、本部によってはロイヤリティを不要としている場合もあります。そして、高額な加盟料やロイヤリティを支払ってまで個人指導塾を開業する最大のメリットは、本部のブランド力を利用できるという点です。数ある個人指導塾の中で親が重要視している点は、合格実績と信用度です。そのため、何の実績もない個人指導塾には生徒が集まりにくいのです。

一方、フランチャイズで開業すると、本部の有名な学習塾の看板や合格実績を持ってオープンできるため、開業してすぐに生徒を集められることが期待できます。また、個人指導塾をフランチャイズで開業することは、集客力だけがメリットではありません。たとえば、本部の経営方法や指導ノウハウ、教室のレイアウト、募集広告など必要なサービスがパッケージ化されており、安定した経営が期待できるのです。

個別指導塾フランチャイズの開業資金はどれくらい?

個人指導塾を開業するために必要な資金は、どのようなビジネスモデルを利用するかによって異なります。たとえば、個人経営によって個人指導塾をオープンするために必要な資金は、主に開業資金だけとなります。

一方、フランチャイズで個人指導塾をオープンさせるためには、開業資金に加えて加盟金が必要です。開業資金は、学習塾に必要な机やイス、備品の購入、物件の契約などに必要な資金のことであり、何らかの店舗をオープンさせるためには必ず必要になる資金です。

加盟金はフランチャイズを利用する時のみに発生する費用であり、本部に対して支払う費用のことを指します。加盟金の金額は、本部である学習塾によって異なり、加盟金不要として0円にしている場合もあれば、1,500万円という高額な加盟金が必要な場合もあります。一般的には知名度やブランド力が高い学習塾は加盟料が高額になる傾向にあり、平均で150~300万円の加盟金が相場です。

そして、加盟金を支払うことで本部の商標権や特許権、著作権などの特定の権利を獲得できます。つまり、フランチャイズで個人指導塾を開業するためには、開業資金に加え、平均で150~300万円の加盟金が必要となるのです。

また、開業後に定期的に本部に対してロイヤリティの支払いが必要となることも、フランチャイズで開業する際に発生する特有の費用です。ロイヤリティは本部によって設定されている金額が異なり、授業料や入塾料などの売上金に対して歩合方式を採用している場合もあれば、売り上げに関わらず一定の金額を設定しているケースもあります。

フランチャイズは個人経営とどう違う?

フランチャイズで個人指導塾をオープンすることのメリットは、本部のブランド力やノウハウを利用できるという点であり、これまでに経営の実績がなくても個人指導塾をオープンさせることができます。しかし、フランチャイズは加盟金やロイヤリティを支払う必要があるため、開業時点で高額な費用を準備する必要があります。

一方、個人経営で個人指導塾をオープンさせることのメリットは、自分ですべてを決定できるという点です。たとえば、契約する物件や個人指導塾の名前、看板のデザイン、指導方針、使用する教材などをすべて自由に選択できます。しかし、実績のない個人指導塾に生徒が集まりにくいということは事実です。

実際に、開業から5年経過したフランチャイズの個人指導塾の存続率が約70%であるのに対し、個人経営の個人指導塾の5年後存続率はたった約25%となっているのです。つまり、経営者の実力次第で利益を上げたり、理想の個人指導塾を実現させたりできる反面、ハードルが高いことも理解しておく必要があるといえるでしょう。

そして、どんなに指導力があっても広告宣伝といった生徒を集めるスキルがなくては経営を続けていくことは厳しいと考えられます。つまり、個人経営で個人指導塾の経営を安定させるためには、指導力はもちろん、経営のノウハウを必要でとなるのです。そして、個人指導塾の開業を検討する際は、フランチャイズと個人経営の違いを理解し、自分自身に合った方法で開業することをおすすめします。

個別指導塾フランチャイズの選び方のコツ

フランチャイズで個人指導塾をオープンさせることは、人生にとって大きな転機となります。そして、開業後に後悔しないようにするためにも、慎重に本部となる学習塾を選ぶことが大切です。そこで、個別指導塾をフランチャイズで開業する際の学習塾選びのポイントについて紹介します。

まず、学習塾選びの最大のポイントは、複数の学習塾を比較・検討することです。なぜなら、学習塾によって加盟店に対して提供しているサポートやサービスが異なるからです。たとえば、経営ノウハウを教え、丁寧に開業をサポートしている学習塾があったり、ロイヤリティ・加盟金の設定金額が異なったりします。

また、自分自身が地域密着型で指導を行いたいと考えていた場合、全国統一のノウハウしか提供していない学習塾では意見の相違が発生してしまいます。つまり、学習塾のサービスやサポート体制に納得できるかどうかを、複数の学習塾を比較して検討する必要があるのです。また、最初にかかる加盟金やロイヤリティの安さだけで学習塾を選ばないという点もフランチャイズで開業する際のコツとなります。

なぜなら、フランチャイズの最大のメリットは、本部のブランド力を活用できるということにあるからです。そのため、安い加盟金やロイヤリティに注目し、ブランド力のない学習塾を選択してしまうと生徒が集まらない可能性があるのです。そのため、加盟金やロイヤリティが高くても、安定して運営していけるかという点をについて慎重に考え、学習塾を決定することをおすすめします。

 

フランチャイズで個人指導塾を開業することで、本部のブランド力やノウハウを活かすことができます。しかし、学習塾によって設定している加盟金やロイヤリティ、サポート体制が異なるため、慎重に学習塾を選択することが大切です。また、個人指導塾の開業には個人経営という方法もあります。そのため、フランチャイズと個人経営の違いを理解し、自分に合う方法で開業することが重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 明光義塾
明光義塾の画像
第6位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
第7位 個別指導Wam
個別指導Wamの画像
第8位 アクシス
アクシスの画像
記事一覧