個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾フランチャイズの講師にも研修はある?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/16

個別指導塾を経営するときに重要なポイントとして押さえておく必要があるのが講師のレベルの高さです。

できるだけ優秀な人が指導をしたほうが生徒の成績も上がりやすくなります。

そのレベルアップを図るためには研修が役に立ちますが、フランチャイズで起業したときには研修のシステムがどのようになっているのでしょうか。

 

研修をおこなえるシステムが一般的

フランチャイズを活用して個別指導塾を開業する場合にはいくつかのパターンがありますが、講師を自分自身がおこなう場合と外部から人材を獲得する場合が典型的です。このどちらを選んだときにも研修をおこなえるシステムになっているケースが大半を占めています。

質の高い教育をおこなえるようにするのは塾経営をしていくうえで欠かせないことであり、特に指導を初めておこなう場合には基本的なノウハウを持っていないと適切な指導の担い手にはなれないでしょう。少なくとも初めて指導をおこなう前には研修を受ける仕組みになっているのが一般的です。

自分だけで指導する場合にも、外部から人材を雇用して指導をしてもらう場合にも同じで、本部が研修を受けられるようにしてくれます。研修の内容も、その中で使用される教材などの資料も全て用意してもらえるのであまり負担を感じずに研修を実施できるでしょう。

逆に、講師に対する研修を特に実施していないケースや、経営者の希望に応じて実施してもらえるケースもあります。ただ、全体的なレベルを一定水準以上にする目的で研修をおこなえるシステムになっているのが一般的です。

 

研修の内容やあり方には違いがある

フランチャイズを利用すれば講師への研修をおこなうのは簡単ですが、どのような形で実施されるかは契約先によって大きく異なります。研修を受けるタイミングや内容などを一通り確認したうえで納得できるものかどうかを考えてから契約するのが無難でしょう。

研修として最も典型的なのは自分が指導を始めるときや新人を雇用したときに実施される新人研修です。大抵のフランチャイザーは新人研修を実施できるシステムになっているものの、内容にはかなりの違いがあります。塾で個別指導をするための基礎的なマナーの習得を目的としている研修もあるでしょう。

また、もっと根本的なところだと塾で働くうえで必要な心構えを指導する研修の場合もあります。効果的な指導をするためのテクニックやノウハウを指導する形になっていたり、現行の教育要領について理解できるようにカリキュラムが組まれていたりすることも少なくありません。

一方、本部のほうで用意している教材や指導方針に関する研修のこともあります。本部としてはブランドの知名度を高め、評判も上昇させていくことが重要になることから、指導に使用する教材の人気が高めたいと思っているのが通例です。そのため、研修を実施してどのように教材を使っていくのが効果的かを理解してもらおうとするケースは多く、実際に使ってみて価値を理解できるようにしていることすらあります。

また、指導方針についても同じブランド名を使っている塾の間で統一性がなければブランド全体としての価値が高まっていきません。どのような姿勢で指導に臨まなければならないかを理解してもらい、さまざまなケースを想定してどのような対応をしたら良いかを覚えてもらうための研修もよく計画されています。

このように新人研修だけでも内容にはかなりの違いがあるのです。これに加えて年次研修のように定期的に研修を実施するシステムになっていることもあります。毎年一回の場合には、フランチャイザーが用意している教材のアップデートなどに関する指導を受けられたり、指導要領の変更や受験問題の出題傾向の変化などについての情報を手に入れられたりするのが一般的です。

毎月や隔月などのように比較的頻繁な場合には、指導のテクニックなどを伝授してもらえる研修が多くなっています。両方とも受けられる仕組みになっているところもあるので、講師の質を高いレベルで維持したいときには優れた選択肢になるでしょう。

また、希望に応じて研修を受けられるサービスが提供されていることもあります。生徒の成績が上がらなくて困っているときにレベルアップを目指して参加するというのが典型的です。年間を通じて若干名を対象とした研修が実施されているのが一般的で、参加費を支払う仕組みになっているケースが多くなっています。抱えている問題が何か、目指している目標が何かに応じて内容を選ぶことができ、参加しなくても問題はありません。

このようなサービスがあると雇っている講師に対する福利厚生としても活用できるでしょう。

 

費用面についても考慮しなければならない

このような研修のシステムを持っているフランチャイズが多いものの、中には研修は自分で考えて実施しなければならないケースもあります。あるいは研修の内容については本部から指導を受けることができる仕組みになっているものの、自分で研修を実施しなければならないことも少なくありません。

中には研修について特に取り決めがなく、実施したい場合には自分で考えておこなう、外部機関を紹介してもらう、費用を払って本部で実施してもらうといった選択肢から選ばなければならないケースもあります。フランチャイザーによってスタンスには違いがあるので、どのくらいのサポートを受けたいかに応じて適切な契約先を選ぶことが重要です。

特に経営という面から考えるとコストも考慮することが必要になります。講師に手厚い研修をおこなってくれる仕組みになっている場合には、それだけ本部のほうにかかっているコストが大きいのは明らかでしょう。

その費用は基本的にはロイヤリティーから工面されているので、支払わなければならないロイヤリティーが高くなりがちです。研修を有料で実施してくれるシステムや自前で実施する形になっている場合にはロイヤリティーが比較的低くて済みます。積極的に研修の実施を依頼したり、外部機関を頻繁に利用したりしているとかえって高い費用がかかってしまうリスクもありますが固定的にかかる費用を少しでも減らしたいなら良い選択肢になるでしょう。

このようにフランチャイズで個別指導塾を経営するときには講師への研修にかかる費用よく考える必要があります。全て本部に面倒を見てもらえると手間はかからないのは確かで、ブランドを生かした経営ができるのも事実です。しかし、その分だけ費用がかかってしまうことを考慮し、どのような形で契約できるとコストパフォーマンスが高いかを吟味したほうが良いのです。

 

個人指導塾をフランチャイズで経営する場合には講師への研修をどうするかが大きな課題の一つです。一般的には本部が研修を実施するシステムを持っていて、新人研修や定期研修などを受けられるようになっています。

ただし、研修の内容にはかなりの違いがあり、本当に必要とされている内容が盛り込まれているかどうかは十分に吟味したほうが良いでしょう。提供される教材の使い方についての指導だけのこともあれば、指導をするうえでのテクニックなどの指導を受けられることもあるからです。また、希望に応じて研修を受けられるサービスを提供しているケースもあるので検討してみると良いでしょう。

ただ、研修が手厚いほどロイヤリティーが高いなどの問題があって費用がかかりがちなので、コストパフォーマンスを重視して契約先を選ぶようにするのが重要です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 アクシス
アクシスの画像
第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
記事一覧