個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾の集客はどう行う?効果的な集客方法をご紹介!

公開日:2022/02/15  最終更新日:2022/03/01


「個人塾を開業したいけど人が集まるか不安」とお困りではありませんか。個別指導塾を成功に導くためには経営スキルを磨くことはもちろん、効果的な集客・宣伝を行い、たくさんの生徒を集めることも非常に重要です。そこで、この記事では個別指導塾経営において集客が重要な理由や、効果的な集客方法についてご紹介していきます。

塾の経営を成功させるには集客活動が重要

個別指導塾経営を行っていく上で、集客・宣伝活動はとくに重要な要素の1つといえるでしょう。いくら教え方が上手で生徒や保護者からの評価が高い塾であったとしても、継続的に生徒の数を確保できなければ廃業に追い込まれてしまいます。したがって、塾経営を安定した軌道に乗せるためには、まず集客活動を行わなければなりません。

しかし、中には「集客に力を入れずとも、塾の評価を高めていけば自ずと生徒の数も増えていくだろう」と考えている方もいるかと思われます。確かに教え方が上手なのであれば、塾の評価は口コミなどで徐々に広がっていき、入塾を希望する子どもも増えていくでしょう。しかし、これが開業したばかりの塾である場合、過去の実績がほとんどなく、存在も認知されていないため、他に強力なアピールポイントなどがない限り、予定していた生徒数を集めるのは非常に困難です。

また、口コミは非常に効果的な集客方法ではありますが、塾の噂や評価が広まるのに時間がかかってしまいます。ただ塾の評価が上がるのを待っているだけでは、その間に徐々に資金が尽きていって倒産してしまう可能性も考えられるでしょう。そのため、生徒1人1人と向き合い、口コミなどで塾の評価を上げていくことも大切ですが、並行して別の方法で集客・宣伝を行っていく必要があります。

効果的な集客方法とは

上記で個別指導塾経営において、集客・宣伝活動が重要であることをご理解していただけたかと思われますので、ここでは効果的な集客方法についていくつかご紹介していきます。

個別指導塾における主な集客方法について1つ1つ詳しく見ていきましょう。

チラシ配布

チラシ配布は比較的安価に作成可能であり、費用対効果も高いことから集客や宣伝に慣れていない方にもおすすめの集客方法です。生徒が通える範囲限定で配るなど、配布エリアも自分で指定できるのもチラシの強みといえます。また、夏休みやテスト期間など学校のスケジュールやイベントに因んだキャッチコピーのチラシを配るのも非常に効果的です。

しかし、その一方でチラシに載せられる情報には限りがあるというデメリットもあります。そのため、「体験授業の申し込み方法」や「塾の所在地」など、必要な情報のみを簡潔に伝えられるよう、チラシのデザインやレイアウトなどを工夫するようにしましょう。

看板

塾の開業場所が決まったら、その周辺に看板を設置して地域の人々に存在をアピールする方法も効果的です。広告塔としてより効果的に機能させるためにも、子どもや保護者の目につきやすい通学路や学校付近、住宅地周辺などに設置するのが理想的です。

SNS

InstagramやTwitter、LINEなどの各種SNSは、誰でも簡単に無料でアカウントを作成できるため、積極的に活用していくようにしましょう。ただし、ただ情報を発信するだけでは集客効果が薄いため、一貫性のある内容を投稿するように心がけましょう。チラシなど他の媒体と併用する場合には、その情報と投稿の内容をリンクさせるなどして、より内容の信ぴょう性を高められるような投稿をすることをおすすめします。

また、SNSは生徒や保護者と直接連絡を取るためのコミュニケーションツールとしても活用することが可能です。SNSを上手に活用することでコストをかけずに集客を行うことができますが、一方で多くの人の目に触れるツールでもあります。拡散力も非常に高いため、これらのことを忘れずに投稿する内容に問題がないかを常に確認しながら運用していくようにしましょう。

ホームページ作成

自身の個別指導塾のホームページを作成することで、集客につなげることもできます。近年では、インターネットの普及に伴い、実際に塾に体験や見学に行く前にまずホームページを確認するという子どもや保護者の方も多いです。

また、チラシや看板などで塾の集客を行っている場合、気になった人が塾のホームページがあるか検索するということも考えられます。一度ホームページを作成してしまえば、その後も少ない手間とコストで運用し続けることが可能であり、「お問い合わせフォーム」などを設けておくことで、そちらから気軽に問い合わせをしてもらうこともできるため、ホームページを作成しておいて損はないでしょう。

しかし、ホームページを作成する際にはある程度の知識が必要であり、業者に依頼するという場合にはコストもかかります。そのため、自身でホームページを作成するのであれば、WordPress(ワードプレス)など、初心者でも比較的に簡単にホームページを作りやすいツールを活用してみるとよいでしょう。

インターネット広告

自社のホームページを作成したての頃は、検索がヒットしてアクセスが集まるまでに時間がかかってしまいます。このような場合、インターネット広告を活用して上位表示を狙い、アクセス数を稼ぐ方法もおすすめです。インターネット広告を利用する際には、「リスティング広告」を選択するのがよいでしょう。

リスティング広告とは、その広告がクリックされるごとに費用を支払う広告のシステムのことで、広告費をコントロールしやすく、費用対効果も高いというメリットがあります。

集客活動を行う上で大切なこと

最後に、個別指導塾経営の集客を行う上で、意識すべき大切なポイントについてご紹介していきます。

コンセプトを明確にする

個別指導塾の強みは、大手塾と比べて個性やオリジナリティを出しやすいという点です。集客時には自身の塾の強みや個性などを積極的にアピールして、子どもや保護者の方に塾のコンセプトを伝えるように意識してみましょう。

塾のコンセプトを子どもや保護者に理解してもらうことで、顧客のニーズと合致した時点での入塾率がぐんと上がることが期待できます。そのため、集客時にはただ集客・宣伝を行うのではなく、まずは塾のコンセプトやターゲットをしっかりと明確化させておくことが大切です。

効果測定を行う

集客・宣伝活動を行った際には、必ずその後に効果測定を行うことが大切です。集客・宣伝活動はやみくもに行っていればよいというものではなく、集客のために行った施策に本当に効果があったのかを具体的な数値にして測定することが重要となります。結果を数値としてデータ化し、しっかりと内容を分析することで改善点が見つかるため、次の集客活動や施策をより効果的なものにすることが可能です。

見込み客への対応も忘れずに

せっかく資料請求やお問い合わせをしてもらっても、最終的に成約までに至らなかったというケースも多数存在します。このようなケースの場合、たまたまタイミングが悪かったということも考えられるため、後日改めてメールやチラシなどを送付してみることで、気持ちが変わり成約に至ることもあるかもしれません。

そのため、見込み客に対しての対応を忘れずに行い、入塾意欲を維持、あるいは高めさせることも集客において非常に重要となります。

 

個別指導塾における集客方法は多岐にわたりますが、いずれにしても塾のコンセプトを打ち出して効果的にアピールすることが大切です。集客方法でお悩みの方は、ぜひ本記事を参考に自身に合った集客方法で塾のコンセプトをアピールしてみてください!

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 明光義塾
明光義塾の画像
第6位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
第7位 個別指導Wam
個別指導Wamの画像
第8位 アクシス
アクシスの画像
記事一覧