個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

未経験でも個別指導塾のフランチャイズオーナーになれる?

公開日:2020/04/15  最終更新日:2020/05/13

フランチャイズで個別指導塾をオープンさせることも可能になります。フランチャイズ契約をする場合のメリットは、経営のやり方つまり集客の仕方や教務力についても教えてくれるため大きなメリットがあるといえます。では、まったくの初心者がいきなりフランチャイザーと契約してオーナーになってうまくいくでしょうか。

比較的簡単に集客できることもある

個別指導塾を個人の力だけでオープンさせることもできますが、このときは集客力が何より重要になります。

教務力は、集客した後に重要な話になりますので、最終的には協力もあった方が良いですが、最初の段階で集客をすることができなければオープンをして黒字の状態を迎えないまま教室を畳んでしまうことになるでしょう。これを避けるためには、オーナー自身がしっかりと集客をした経験があるかノウハウを知っていることが重要になります。

一方で、フランチャイズ契約を結ぶ場合には、集客をする方法等は全てフランチャイザーの方で教えてくれます。つまり、学習塾の経営の経験がなくても、特に問題がないと言えるでしょう。

実際に、建設事務所のオーナーが何故か学習塾を経営している例などもあります。これは、ノウハウを持っていなくても、フランチャイザーから集客の仕方を教えてもらったため集客できるといえます。

ただフランチャイジーの場合には、本部のブランド力を使えば、そこまで集客をすることが難しくないと言えるでしょう。個人で学習塾を開く場合には、学習塾の知名度を高め埋めるため、頻繁に広告などを自分で出さなければいけません。ですが、フランチャイザーと契約をしているフランチャイジーは、ある程度本部の方で宣伝をしてくれる可能性が高いです。

具体的には、ある程度有名なところならばテレビコマーシャルまでやってくれます。誰もが知っている学習塾等は、フランチャイズ契約を結ぶことができ、テレビでコマーシャルをやっていることから自分で宣伝をしなくても勝手に生徒が入ってくるでしょう。

特に、初期の段階で生徒を集めるとき、その宣伝力は何より強みを発揮するといえます。テレビのコマーシャルは非常にお金はかかりますが、最初の1年間だけで50人以上の生徒を集めることは決して難しくありません。

それとは別に、集客の仕方などを教わることがあります。本部としても、可能な限りフランチャイジーに対して成功してほしいと考えていますので、可能な限りのノウハウを教えています。これで、初期の段階で生徒を集めるのは不可能ではなくなるはずです。

ただ、個人でもチラシなどを配ることも重要です。チラシを配る目的は集客になりますが、学習塾の存在をアピールすると言う意味だけでも大きな意味があります。チラシを配ることによってすぐにお客さんが来ないかもしれませんが、定期的にチラシを配布していれば、そこに学習塾があることを周りの人に認知させることができます。

そして今まで学習塾について考えていなかった人が学習塾を選ぶとき、いつもチラシを出してくれるところを思い出し体験学習などに来てくれるかもしれません。実際にそのような例はこれで、初期の段階で生徒を集めるのは不可能ではなくなるはずです。

集客した後口コミを広める方法も教わることができる

本部の方である程度集客をした後は、最終的に教務力で勝負をすることになります。教務力とは、勉強を教える力です。もう少し砕いて述べるとすれば、成績を上げるためのノウハウを蓄積しそれを生徒に教え、実際にその学習塾で勉強した生徒の成績が上がっていることが必要です。

学習塾に通う生徒のほとんどは、成績を上げるために来ています。保護者も、成績が上がれば、その分だけ学習塾のことを宣伝したがるでしょう。そうすると何が起こるかと言えば、保護者の間で口コミが発生します。

経営者としては、この良い意味における口コミを発生させることができれば、一生集客に困ることはなくなるはずです。個人で宣伝しなくても、口コミだけで人が集まるとすれば、経費を無駄にせずに済むわけです。実際にフランチャイザーの方でも、ある程度集客が集まっているところは積極的に宣伝活動をするように忠告してくるわけではありません。

そのため、自分たちでチラシを配布することも必要なくなるわけです。そうすると、無駄に人を使う必要もなくなるだけでなく、教室長や経営者の作業も減ってくるでしょう。このように、教務力に関しても塾生をたくさん集めるために必要なことが理解できるでしょう。

ただし、教務力に関しては本部の方でそこまで教えてくれません。基本的な内容についてや勉強の教え方などを教わりますが、実際には現場でどれだけ腕を磨くかの方が重要になります。つまりノウハウだけではどうにもならない部分があるわけです。そうだとすれば、経営者としても可能な限り授業をして、多くの失敗をしながら成功を掴み取ることが大事です。

オーナーが直接授業に入ることはあり得るか

オーナーの教務力を高めることが重要ですが、オーナーが直接授業をするようなことは本当にあるのでしょうか。これは学習塾によっても異なりますが、個別指導塾で先生が足りない場合などはオーナーが直接指導に当たることがあります。

そして、オーナーの指導力が高まれば、全体的に指導スキルも高くなっていくでしょう。アルバイトを雇っていたとしても、そのアルバイトの指導スキルも徐々に高くなっていく可能性があります。

なぜなら、多くのアルバイトの先生たちは、オーナーを見習って、授業をおこなうからです。中には他の学習塾を経験して個別指導塾にやってきた先生もいるかもしれませんが、基本となるのはオーナーの教務力です。アルバイトをしている先生が、生徒の接し方でトラブルを起こしたり、教え方があまりうまくない場合があります。この場合オーナーが的確に指導をすることで、先生のスキルが徐々にアップしていくでしょう。

 

学習塾のフランチャイズ契約をする場合には、初心者でもできるか問題になりますが、特に今まで経験したことがなくても経営者になることが可能になります。基本的にフランチャイザーの方でわからないことを教えてくれるでしょう。

しかし、教務に関しては最終的に自分で実力をつけていくしか方法はありません。そのような意味でおいては、フランチャイザーの教育に関係なく常に自分たちで学んでいくことが重要になります。常に第一線に入れるような気持ちが必要です。つまり、自分たちで積極的に教えることについて研究をしていくだけの勇気と努力が必要になるわけです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 アクシス
アクシスの画像
第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
記事一覧