個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾のフランチャイズを始める前に準備しておくべきこととは?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/12

将来的に個別指導塾をフランチャイズ契約で始めたい場合には、何を準備するかはとても重要になります。

一度スタートしてしまえば準備期間は終わってしまいます。

ですが、実はスタートする前の段階でどれだけ十分な知識を持っていたかどれだけ経験をしたかが重要になるところです。

そこで、今一度何が必要なのかを確認しておきましょう。

 

どこのフランチャイズを選べばよいかをチェック

個別指導学習塾といっても、さまざまなフランチャイズ展開をしている会社があります。一見同じように見えて実はそれぞれ方向性が違ったりしますので注意が必要です。よく調べないで選んでしまうと、学習塾を開いてから「やはりあちらのほうがよかった」と後悔することになりかねません。

しかも、フランチャイズを乗り換えることはなかなか容易ではないです。単にお金を払ったから乗り換えられるわけではなく、フランチャイズ契約の中には「3年から5年間の間は同業の業務を営むことができない」という内容が契約に含まれていることもあります。そうすると、お金だけでは解決できないものもあることがわかるでしょう。そのような後悔をしないために、まずはそれぞれの学習塾の個性を確認しておくことが大事です。

まず、金銭的な面は重要になります。多くの場合は、初期費用を気にすることになりますが確かに初期費用も重要な内容の一つになります。ですが、初期費用以上に重要になるのがロイヤリティーの存在でしょう。ロイヤリティーは、長く続ければ続くほど影響は大きくなるものです。

よくあるパターンとしては、初期費用は非常に安いのにロイヤリティーが高いようなところと、初期費用は高いけども、ロイヤリティーが少ないところがあります。どちらがよいかは、長く続けるかどうかで決めるべきですが、5年以上続けるつもりあるならば、確実にロイヤリティーが低いところを選んだほうが黒字にしやすい傾向が出てくるでしょう。

次に、学習塾の形態を考えておきましょう。完全にマンツーマンのところは、採算が合わなくなる可能性が高くなります。もし個別指導でマンツーマンでおこなう場合には、マンツーマン以外の指導が充実しているところを選ぶのも一つの方法です。例えば、講師1人に対して生徒が2人から3人のパターンなどがこれに該当します。実は最近はやっている学習塾のフランチャイズの多くは、マンツーマンのみではなく講師1人に対して生徒が2人から3人程度のところも多い傾向です。

最後に、どれだけアフターフォローがあるかも重要になります。アフターフォローは、開業するときにあまり気になりませんが、実際に営業し始めてからうまくいかなくなったときに重要になります。これがしっかりしているところは、安心して営業することができますが、そうでない場合には不安がつきまとうことになりかねません。そのため、どこまでアフターフォローしてくれるのか、その場合お金がかかるのかどうかというところまで見ておくことが必要になります。

 

金銭面の準備をしっかりとしておこう

フランチャイズ契約には、必ずお金がつきものですが最初からすべてのお金を一括で支払うような人はあまりません。多くの場合、お金をどこからか借り入れている傾向があります。まず、借入先の候補として挙げられるのは銀行になるでしょう。銀行はお金を貸すところですので、お金を借りることができる可能性もあります。

ただ実際には、銀行がお金を貸す相手はすでに何度か取引きを経験していて信用があるところになります。仮に信用がない場合でも、十分な担保があればお金を貸してくれる可能性はあります。さらに、コネクションがある場合なども信用や担保がなくてもお金を借りることができるパターンになります。

逆に、この三つのパターン以外はお金を貸してくれることは難しいといえます。もちろんカードローンなどではお金を貸してくれるかもしれませんが、そもそもカードローンのほとんどは事業資金に使うことは禁止されています。そのため、担保もなければコネクションもなく信頼関係もないならば銀行からお金を借りることは取りあえずあきらめなければできません。

ではそのような場合、いつまでたってもフランチャイズを始めることができないのかという問題が出てきます。実は、お金を借りる方法は銀行に頼るばかりではありません。実は、公庫などに頼ってみるのも一つの方法です。公庫は、国の機関になりますので、特に担保などは必要ありません。ただ、返済するときに利子が必要なることを頭に入れておきましょう。利子で運用していることになりますので、確実に支払えるだけのお金を準備できるように計画を立てなければなりません。

公庫からお金を借り入れる場合には、事業計画書を作ることそして事業計画書を提出すること、さらにはその事業計画書に基づき面談をおこなうことが必要です。事業計画書の作り方がわからなければ、専門的におこなっている行政書士事務所などがありますので、そこに頼ってみるのも一つの方法です。

借入金額は1,500万円ぐらいまでは可能ですが、持ち金と同じぐらいの金額しか貸してくれません。そのため、1,500万円借りる場合には持ち金が1,500万円ほどあることが必要です。つまり、いずれにしてもある程度お金をためておかなければスタートできないことが理解できるでしょう。そうだとすれば、思い立ったときから少しずつ貯金をしていくことが準備として重要です。

 

理想とする学習塾の形を考えておく

いくらフランチャイズの個別指導塾だからといって、すべてをフランチャイザーに任せてはいけません。あくまで、個別指導塾の名前を借りたり教材を使用する権利があるだけで、どのような経営をしていくかはオーナーによって変わってきます。そのため、オーナーも行き当たりばったりで考えるのではなく、理想とする学習塾を頭の中に描いておくことが重要です。

例えば、個性あふれる学習塾は多くの生徒が来ますがどのように個性を発揮するかが重要になります。和気あいあい学習塾にしたいならば、とにかくアットホームで楽しくできるように環境を整えることが必要です。ただその半面、学力を高めたい生徒などは入りにくくなる可能性がありますので全体的に学力が低い状態でスタートする傾向が強くなるといえるでしょう。

それ以外には、確実に成績を上げる学習塾を考えてもよいです。ただ、実際に生徒の成績をすべてあげることはかなり至難の技で、最終的に勉強するのは生徒ですのでどこまでやり方が通用するかは、さまざまな例を見て判断するしかありません。成功事例や失敗事例などをたくさん学んでおき、それらをある程度頭の中に入れた状態でスタートしましょう。その点があいまいだと、結局ぼやけた学習塾ができあがり、いまひとつ売り上げが伸びないようなことも十分に考えられます。

 

フランチャイズの学習塾を開く場合、事前準備が重要になります。その一つが、どこのフランチャイザーを選ぶかです。フランチャイザーによっては、まったく方向性が違うこともありますので後で後悔しないように自分にぴったりのところ選びましょう。

選ぶ基準の一つは、どれぐらいロイヤリティーがかかるかです。特に長期的に塾を展開する場合には、ロイヤリティーがとても重要になってきます。次に、どの程度のお金がかかるかを考えなければいけません。お金が足りない場合には、公庫などに頼って融資をお願いしましょう。最後は、オーナーの経営の仕方を事前に頭の中で練っておき、学習塾の方向性を明確に定めることが重要になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 アクシス
アクシスの画像
第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
記事一覧