個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾の経営に特別な学歴は必要?経営を成功させるポイントとは

公開日:2022/03/15  最終更新日:2022/03/01


「個別指導塾を開業したいけど、どの程度の学歴が必要なの?」とお困りではないでしょうか。塾を経営したいと考えていても、学歴のことはもちろん、そもそも何の準備から始めればいいのか分からないですよね。そこで、今回は個別指導塾の開業を検討している方に向け、塾経営に必要な学歴や経営を成功させるポイントについてご紹介していきます。

個別指導塾の経営に学歴や経歴はとくに必要ない

これから塾経営を始めたいと考えている方の中には、「学歴が不安」と感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、個別指導塾を開業する際には、高学歴である必要はまったくないので安心してください。もちろん、学歴があるに越したことはないですが、必須であるというわけではありません。

その理由としては、必ずしも高学歴の方が経営している塾が成功しているとは限らないからです。学歴のない方であっても塾経営で成功を収めている方は多数存在するため、個別指導塾を開業したいのであれば、学歴よりも経営のスキルを求められることになるでしょう。

ただし、入塾を希望する子どもやその保護者から学歴を聞かれる可能性もあるため、場合によっては学歴で塾に入るか否かの判断をされてしまうケースも考えられます。そのため、個別指導塾を経営する際には、学歴や経歴はとくに重要ではなく、高学歴であれば多少プラスになる程度に考えておくとよいでしょう。

個別指導塾経営で学歴や経歴より大切なこと

上記でも少し触れましたが、個別指導塾を経営するにあたって大切なことは、過去の学歴や経歴よりも、塾経営を軌道に乗せるための経営スキルです。

ここでは、塾経営に求められる経営スキルのポイントを3点ご紹介していきます。1つ1つ詳しく見ていきましょう。

経営の知識・ノウハウ

1つ目のポイントは、経営の知識・ノウハウです。仮に個別指導塾を開業して自分自身が生徒の指導を行うのであれば、もちろん塾講師としてのスキルは必要となるでしょう。

しかし、塾経営で成功を収めるためには、まず経営やビジネスにおける基礎知識やノウハウを身につけることが最重要です。そのため、塾経営やビジネス、社会の仕組みをしっかりと理解し、何のために開業するのか目的を明確にしなければなりません。

また、収益をプラスにしていかなければ経営を続けていくことができないため、支出と収入を管理しながらバランスをとるために「事業計画書」を作成するなどして、入念な準備を進めていくことも重要となります。

集客・宣伝力

個別指導塾経営を成功に導くためには、集客・宣伝に力を入れることも大切です。大手の塾であれば過去の実績やTVCMなどの宣伝効果によって確立されたネームブランドがあるため、開校しただけでたくさんの生徒が入塾することになるでしょう。

しかし、個別指導塾を開業する場合、開校したばかりでは実績も評判もないため、何もせずに生徒たちが入塾希望でたくさん集まってくるということは期待できません。そのため、はじめのうちはコツコツと実績を積んでいくと同時に、多くの人に塾の存在を知ってもらうための「宣伝広告」が重要となります。

どんなに指導が上手で、生徒たちから定評のある塾であっても、まず多くの人たちに認知してもらわなければ経営を安定させることはできません。塾の評判が上がるのを待っているだけでは、最悪の場合、その間に資金が尽きて倒産に追い込まれてしまう可能性も考えられるでしょう。

このような失敗を回避するためにも、効果的な集客・宣伝を行い、たくさんの生徒を集める必要があります。塾経営における集客・宣伝方法はさまざまですが、主な方法としてはチラシ・看板・口コミ・SNS(LINE、Twitter、Instagramなど)・ホームページ作成・インターネット広告・電車内広告・TVCMなどがあります。

中でもTwitterやInstagramなどのSNSについては、誰でも無料で簡単にアカウントを作成できるため、積極的に活用していくようにしましょう。集客や宣伝を行うのが初めてという方には、比較的安価に作成できて費用対効果も高いチラシがおすすめです。

また、「自分ひとりの力で集客・宣伝を行える自信がない」という方には、宣伝のプロであるマーケティング会社に宣伝・広告を依頼するという手段もあります。他にも、フランチャイズの塾に加入する方法も考えられるでしょう。フランチャイズ塾に加盟することにより、すでに体系化されている集客・宣伝ノウハウなど、今後の経営を有利に働かせられる支援を受けることができます。

生徒からの評価

経営スキルやノウハウを学びながら塾を安定させることも非常に重要ですが、本来の塾の役割である自身の生徒の成績を上げることも忘れてはなりません。子どもの成績を上げる指導を続けることができなければ、どんどん生徒は離れていき、新規顧客の獲得も見込めないでしょう。

そのため、生徒の成績を上げられる指導の方法や教え方を学ぶことが大切となります。多少学歴に不安があるという方であっても「教え方」が上手ければ、それは生徒からの評価につながります。

しかし、「塾経営が大変で指導まで手が回らない」、「どうしても学歴にコンプレックスがあって生徒に上手く教えられるか不安」などといった場合には、自分以外の教員を雇うというのも1つの手段です。いずれの方法を取るにしても、最も重要なことは「生徒の成績を上げること」であるため、そちらに注力するようにしましょう。

個別指導塾経営を成功させるポイントとは

最後に、個別指導塾を成功に導くために押さえておきたいポイントについてご紹介していきます。

固定費・変動費をなるべく抑える

個別指導塾経営を安定させるためには、開業した当初に固定費や変動費などの運営費用をなるべく抑えることが大切です。開校したばかりの時期であれば、生徒の数もそれほど多くはないため、広い教室を用意する必要がありません。そのため、自宅で授業を行ったり、安いテナントを探したりしてなるべく費用を抑えるようにしましょう。

また、自身のみで授業を滞りなく行える生徒数であれば、その期間の間は新しく講師を採用する必要もありません。このようにして、開業したてで塾が小規模であるうちは、固定費や変動費を抑えながら経営していくのがおすすめです。事業を拡大させていのであれば、集客や宣伝効果で生徒数が増加し、経営が安定してきたタイミングで徐々に塾の規模を大きくしていくようにしましょう。

大手と競い合わない

個別指導塾を開業する場合、大手塾が既に近くにあるケースや、今後新たに参入してくることもあるかと思われます。しかし、大手塾とはそもそもの資金力や知名度が大違いであるため、無理に同じ土俵で競い合うのではなく、個別指導塾ならではの強みやアピールポイントを磨いていきましょう。

1人1人の生徒と丁寧に向き合うことができる個別指導塾の強みを活かし、「生徒別に特別カリキュラムを組む」などして、大手塾ではできないオリジナリティを追及していくことが重要です。

 

本記事では、個別指導塾における学歴の必要性、学歴や経歴よりも重要となる3つの経営スキル、経営を成功に導くために押さえておくべきポイントについてそれぞれ解説しました。個別指導塾では、経営スキルを磨いていくことで、学歴がなくても成功を納めることができます。「これから個別指導塾を開業したい!」という方に、本記事でご紹介したポイントをお役立ていただければ幸いです。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 明光義塾
明光義塾の画像
第6位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
第7位 個別指導Wam
個別指導Wamの画像
第8位 アクシス
アクシスの画像
記事一覧