個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

学習塾の経営に向いているのはどんな人?成功させるポイントを解説!

公開日:2022/08/15  最終更新日:2022/09/02

コロナ渦で学習形態が変化し、なかには経営悪化により撤退した学習塾もあります。今後必要とされる学習塾とはいったいどのようなものでしょうか。無資格で開業できる学習塾の経営だからこそ、数多いるライバルに負けないための工夫が必要です。学習塾経営に必要な知識、成功させるポイントを紹介します。

学習塾経営に向いている人

初心者でも挑戦しやすい学習塾の経営ですが、向いている人にはいくつかの特徴があります。意識をするだけでも言動が変わってくるので、当てはまらないからといって、諦める必要はありません。

ビジョンやコンセプトが決まっている人

学習塾のビジョン・コンセプトを決めることはとても重要です。まずは個別学習塾から大手学習塾まで同業他社を調べ、どのような塾が成功しているのかを把握します。そのうえで、どのような規模で、どのように差別化し何を押し出していくのかを考えましょう。

ビジョン・コンセプトがある程度決まったら、より具体的に学習形態・料金設定・開業場所・集客方法・人材確保などについて考える番です。たとえば学習形態だと、現在多くの学習塾では、集団学習・個別学習・映像学習などを選択できます。

選択肢が広がれば可能性や満足度の向上を期待できますが、初期費用や人件費が高くなります。初期費用を抑え手軽に始めるのであれば、まずは、個別指導塾として信頼を得るのがよいでしょう。

子どもが好きな人

子どもが好きであれば、子ども向け学習塾の経営に向いているでしょう。というのも、勉強に苦手意識がある子どもに指導をするのは、簡単なことではありません。

学習塾に通う生徒たちのなかには、親の意思で通わされている子どもも少なくないのです。講師は親の期待と生徒の葛藤を目の当たりにし、場合によっては、ある程度のケアやフォローを求められます。

また、未就学児や小学校低学年が相手の場合には、椅子に中・長時間座ることさえ難しい子がいることを理解することが必要です。受け入れる子どもの年齢や状況ごとに、求められる姿勢や知識が異なります。子どもが好きあるいは、関心があれば自然と慣れていきますが、そうではない場合には最初は苦労するでしょう。

経営に必要な知識を持っている、あるいは学ぶ意思のある人

学習塾を経営するにあたって、なんとなく講師も兼任しようと思っている場合には少々注意が必要です。経営者・講師、二足の草鞋を履くことは悪いことではありません。

注意すべきは、経営知識ゼロのまま経営がおざなりになってしまう状況です。経営者の業務は、イメージしやすいものから細々した裏方作業まで、無数にあります。マーケティング・営業・財務・人事などの知識が求められます。

学習塾経営に向いていない人

コミュニケーションを取るのが苦手な人は、少なからず苦労する場面があるかもしれません。学習塾はサービス業なので、生徒だけでなく、月謝を払う保護者の満足度を維持することが重要です。そのためにコミュニケーションを取るのは必要不可欠であり、満足度に直結しやすい項目です。

また共働きの家庭も増えるなかで、求められるコミュニケーションの形が変化していることにも注目する必要があります。紙媒体よりもメールやLINEを活用した情報共有を望む声が増え、なかには面談をオンラインで行う塾もあります。

時代の変化とともに、素早く正確な情報共有が支持されるようになりました。必要なときに必要な情報を簡単に取り出せる環境を整えることで、不要な連絡を防ぎ保護者の負担を軽減できます。相談時・面談時により、有意義に時間を活用できるよう、日頃の仕組みを見直す必要があります。

学習塾経営を成功させるポイント

初期費用・投資が比較的少ない学習塾の経営ですが、しっかりとした収入を得るには、細かな戦略が必要です。経営を成功させるポイントをひとつずつ確認し実践していきましょう。

コストを抑える

開業に向けて必要になるのは、施設費・備品・電化製品・外装・広告宣伝費・教材などです。備品に含まれる机・椅子や電化製品などは、中古品を活用するとコストを抑えられます。

広告宣伝費もインターネット広告をメインにすることで、デザイン料・印刷料をカットできます。チラシを作成する場合には、フリーランスクリエイターに依頼するか自力で作成し、早期納品すると、費用が大幅に抑えられるのでおすすめです。

業務を効率化する

日頃から繰り返し行う業務は、システム化することをおすすめします。人為的ミスが軽減するだけでなく、業務スピードが上がるので、捻出した時間を他のことに費やせるためです。

内部システムだけでなく、保護者の安心に繋がる入退室システムなどを導入している学習塾も多くあります。学習塾専用システムも開発されており、システムのほとんどが、無料体験期間を設けているので手軽に試すことができます。

生徒を集める

生徒を集めるためのイベントや、保護者が通わせたくなる仕組みを用意することが大切です。教室掲示・LINE導入・無料体験会など、方法は無数にあります。

その中でも意外と効果的なのが口コミや紹介制度です。学生ならではの狭いコミュニティー内では、学生同士・保護者同士の意見交換による影響は絶大です。

新規生の獲得も重要ですが、それ以上に大切なのが、既存生を退塾させないことです。既存生・新規生・体験生など細かく分類して、生徒にあったアプローチをすることで継続利用に繋がります。

立地にこだわる

大手学習塾があり、小規模・個別学習塾が少ないエリアでの開業をおすすめします。小規模・個別学習塾に通う生徒のなかには、大手学習塾に通った経験のある子どもが少なからずいます。

大手ならではの雰囲気にのまれてしまい、学習ペースが合わないことがきっかけで小規模・個別学習塾を検討するからです。大手ライバル塾がフォローしきれない生徒を救いあげることが、差別化に繋がります。

無理のない価格設定

無理のない価格設定が重要です。安売りしてしまうと経営が長続きしないだけでなく、入塾する生徒の本気度にばらつきが生じます。クラスレベルを細分化し、その分、講師や教室を確保する必要がでてきます。価格を下げることで、満足度は上がるかもしれませんが、長期的に考えて無理のある設定はやめましょう。

フランチャイズに加盟するなら

学習塾の経営には、フランチャイズという選択肢もあります。フランチャイズとは、親企業に加盟することで、親企業を参考に事業を運営する仕組みです。加盟企業を選ぶときに注目するべきポイントを紹介します。

知名度の高さ

数多くある塾のなかから子どもにあった教室を選ぶのは、保護者にとっても難しいことです。聞いたことのある名前、全国展開、これだけでも塾選びの大きな武器になります。

インターネットで調べると、学習塾に限らず、他業界のフランチャイズに関する、さまざまな体験談や口コミがでてきます。会社によって契約が異なるので、比較してみるのがよいでしょう。

初期費用と収益率の確認

開業後黒字化するまでに、時間がかかる学習塾も少なくありません。フランチャイズは個人経営と異なり、ロイヤリティや加盟店料が発生するため初期費用が多くかかります。

どの程度の収益額をどれくらいの期間続けたら黒字化するのか、具体的なイメージが必要です。初期費用とは別に、給与・施設費・生活費などに費やせる資金を用意しましょう。

まとめ

少子化にともない学習塾の需要は減少していると思われがちですが、コロナ渦をのぞきその数は緩やかに増加しています。無資格で比較的安価で挑戦できる学習塾経営は、初心者にも人気です。

資金や状況にあわせて、個人・フランチャイズ2つの方法で開業することができます。初心者のフランチャイズの体験談は、業種問わずとても参考になりますよ。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 明光義塾
明光義塾の画像
第6位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
第7位 個別指導Wam
個別指導Wamの画像
第8位 アクシス
アクシスの画像
記事一覧