個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾のフランチャイズを始めるメリットとデメリットとは?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/05/21

塾はいろいろな事業の中でも比較的開業しやすいジャンルです。

現在、子供への質の高い教育がこれまでより求められています。これにより個別指導塾の需要も高まっています。

塾の講師を経験した人の中には独立を考える人もいるかもしれません。最近では個人ではなくフランチャイズで経営する方法もあります。

 

お子さんの教育や地域に貢献できる

個別指導塾は学校とは異なり、講師一人に対して生徒は1~5名程度の少人数で授業をします。これまでの集団塾のように授業内容が決まっているわけでなく柔軟性があります。集団形式では内容が決まっているため、どうしても授業についていけないケースが出てきます。

個別指導なら生徒や保護者の要望に応じていわばオーダーメイドで内容が決められます。授業回数や時間などによる制約もほとんどありません。短期集中したり長期的に補修したりとさまざまなカリキュラムから選べるのです。途中で理解度のズレが生じた場合も学習スピードを変えられます。これなら勉強が苦手なお子さんでも安心して授業を受けられるでしょう。

生徒の中には習い事やクラブ活動をしている人もいます。これらと並行して授業できるのも個別指導塾の大きなメリットです。集団形式では時間が決まっており、両立するにあたって問題が生じることがあります。個別指導なら柔軟に好きな時間に対応することができます。最近では、お子さんに質の高い教育を受けさせたい需要が高まっています。それに合わせて個別指導塾も多く開業されています。

開業するメリットとしてまず開業資金の少なさが挙げられます。大きな教室ではなく小規模の教室から始めれば多額の初期投資はかかりません。経営が上手くいけば拡大したり教室数を増やすことを考えればよいのです。お子さんに学習指導をするサービスを提供するので、物などの在庫を抱える心配はありません。生徒は継続して学んでいくので毎月安定した収入が得られます。経営のリスクが少なく開業できるのです。

教員免許は必要なく税務署に開業届を提出するだけでおこなえる事業といえます。経営者が教えてもいいですし、学生のアルバイトを雇う方法もあります。生徒が通うのは放課後から夜にかけて時間なので日中は自由に過ごすことができます。両親やお子さんから信頼を得て地域社会に貢献しながら収益を上げられるのです。

 

コース設定と開業に必要な費用を理解しよう

個別指導塾には受験指導をする進学塾と、学校の授業をサポートする補習塾の2つに分けられます。その地域に住んでいる保護者がどんな教育を望んでいるか調べてコースを設定しましょう。

余裕があればコースを複数にすることで間口が広がり多くの生徒を集められます。開業には教室を借りる費用が必須です。前払いの家賃・敷金・保証金など合わせて200~300万円は必要です。

机や椅子などの備品は100万円、宣伝するための看板やチラシも安くて100万円はかかります。電話・パソコンなどのオフィス用品も数十万円かかってきます。合計で500万円以上は必要となるでしょう。

また、個別指導塾は開業してもすぐに生徒が集まるとは限りません。生徒が集まって十分な利益が上がるまでの生活費を数か月見込んでおきましょう。半年程度で20万円としたら合計120万円です。

生活費を換算して700万円程度が最終的な金額です。自宅を教室にしたり備品をリサイクル品で活用すればより安く開業することが可能です。可能なら安くできる部分がないか探してみましょう。

フランチャイズを選択すると加盟金などでより多くの資金が必要となります。

 

高い知名度とブランドのサポートが充実している

開業費用が比較的安くリスクも少ないのがメリットです。しかし、少子化により生徒を確保する競争は高まりつつあります。開業して看板を掲げるだけで多くの生徒を集めることは難しくなるでしょう。まずは塾の特徴を生徒・保護者にアピールしないといけません。高い訴求力を持つ工夫が求められます。教育内容や入試制度の変化に対応する力も必要です。

この場合、1から自分で開業するのは難しいかもしれません。ノウハウを持たずに初めて開業する人はなおさらです。もし自分一人で開業するのが不安ならフランチャイズの力を借りる手もあります。フランチャイズとはコンビニやファミリーレストランなどで多く見かける経営手法です。フランチャイザー(事業者)が他の事業者と契約を結んでサポートします。

本部にあたるフランチャイザーはこれまで安定して利益を得てきたブランドやノウハウを権利として与えるのです。契約者はそれらで営業できる代わりとして、ロイヤリティーと呼ばれる一定の対価を支払います。売上の数%~数十%を支払い、一定期間まで継続的に関係を続けます。

フランチャイズは知名度の高さがあるのが強みです。特に大手の個別指導塾はある程度の認知を得ているので、スタッフや生徒が集めやすいです。経営のノウハウや必要なテキストも本部から指導を受けられるので経営が初めてという方でも安心です。

開業となれば物件探し・教室のレイアウト・広告まで決めないといけませんがそれも心配ありません。フランチャイズならこれらがすべてパッケージ化されています。自分で1から全部手配する必要がないのも大きいでしょう。

メリットが多いですがデメリットもあります。契約時には加盟金月々のロイヤリティーが必要になります。

加盟金は加盟者が本部に支払います。金額は企業によって違いますが最低でも100万円ほどは見積もっておきましょう。契約を途中で解除しても返金されないので注意してください。

また、毎月の売上からロイヤリティーを支払わないといけません。ロイヤリティーとは、ブランドやノウハウを利用するために対価としてとなります。著作権や特許権の使用料といえば分かりやすいでしょう。

こちらの金額も企業やプランで異なります。ロイヤリティーは売上歩合方式や低額方式など計上されます。必ず支払うので大きな売上だったとしても手元に残る利益は若干減ってしまいます。

備品の面でも費用がかかってきます。机や椅子などは塾の名前が入るなどオリジナルの仕様になっており通常よりも高くつきます。古い備品を使ったり他から借りることは難しいです。

テキストや宣伝のためのチラシ・ポスターなども本部を通さずに購入はできません。もし費用を少しでも抑えたいなら加盟金やロイヤリティーが安い所を選ぶのといいでしょう。ただし、加盟金やロイヤリティーが安くても備品代を高くしている塾も存在します。選ぶときはその点も注意しましょう。

経営方針はあらかじめ本部によって決められています。独自の考えで経営したい方は本部と合致しない恐れがあります。経営方針を譲りたくない方は個人で独立したほうが良いかもしれません。また、自分の考えと合致した所に加盟することでトラブルは避けられます。

 

個別指導塾なら勉強が苦手なお子さんから受験対策まで幅広く対応します。部活や習い事とも両立できるので需要はこれからも安定するでしょう。

比較的始めやすい事業なので、新しく始めたい方に良い選択肢になります。未経験で何も分からない場合はフランチャイズのノウハウが特に役に立ちます。

高い知名度がある塾なら、看板を掲げれば生徒を集めやすいでしょう。経営から広告まであらゆることをサポートしてもらえます。しかし、開業にはさまざまなコストがかかるので資金は余裕をもって用意しましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 アクシス
アクシスの画像
第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
記事一覧