個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

フランチャイズで個別指導塾を経営したい!夏期講習のサポート内容は?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2020/01/30

個別指導塾のフランチャイズはたくさんありますが、もしそこのフランチャイジーになった場合には本部からのサポートがとても重要になります。初めてフランチャイジーになる場合には、そのサポートがあって何とか経営することができるでしょう。

特にその中でも重要なのが、1年間の中で最大のヤマ場とも言える夏期講習になります。

チラシ配布をする場合に協力をしてくれる

フランチャイジーとして学習塾の経営をする場合、本部がサポートしてくるのは間違いありません。その中でも、夏期講習期間にサポートしてくれるとすれば、まずチラシの作成が考えられます。可能な限りたくさんの生徒を集めるべくチラシを作成してくれるでしょう。

すでに入会している生徒用ではなく、これから入会するための生徒用に作るわけです。中には、夏休み期間だけ授業に参加したいと考える生徒もいるはずです。そのような生徒に対して、少しでもアプローチするためにはチラシが非常に大事になってきます。このチラシは、その学習塾のタイプによっても異なりますが、最初から形が出来上がっているものもあれば、その教室のオリジナルにするものもあります。

最初から形が出来上がっているものを利用する場合には、ほかの教室と同じ内容になります。ただ、違いがあるとすれば教室名の部分が違うだけです。その部分はパソコンの印刷でいじればよいだけですので、比較的簡単にできるでしょう。

一方で、オリジナルのものを作る場合にはかなり宣伝に力を入れている塾といえます。通常フランチャイズ契約の場合には、一律に同じような広告を出す傾向があります。

なぜかといえば、そのほうが手間がかからないからです。このように考えれば、オリジナルのものを作るのはそれなりの時間が必要になるでしょう。この場合、オーナーの方も作成に協力しなければいけません。

例えば、写真撮影をする場合などがこれに該当します。文字ばかりを羅列したチラシよりも、写真撮影をして写真をいくつか掲載したチラシのほうが見る人も納得できるものです。

ただ、写真撮影をする場合にはいくつか制限があります。まず、顔写真を写してはいけないということです。顔写真に関しては、プライバシーの問題があり個人情報保護の観点から制限がかかっているといえるでしょう。

ただ例外的に、生徒本人の許可を得た場合にはその顔写真を写しても問題ありません。生徒本人の許可を得る場合には、生徒に「顔写真を写してもよいか」と尋ねるだけでは足らず、保護者に同意書を書いてもらなければいけません。

そのため、かなり手間がかかりますのでなかなか実行するのは難しいところです。いずれにしても、何らかの形で写真を掲載することになるでしょう。

後は、学習塾の今までの実績などを掲載しておけば集客に役立ちます。実績に関しては、前年度の実績があればそれを掲載してもよいですが、もし実際のテストがあればそれを掲載するのが一番良いでしょう。例えば、入会する前のテストを掲載し入会した後のテストを形成することで、本当に成績が伸びたことがわかります。

ただこの場合も、名前を消さなければなりません。名前を掲載する場合は、やはり同意書が必要になりますのでハードルが高くなる傾向があります。

このように、一つの学習塾のオリジナルのチラシを作成するのはかなり手間がかかる可能性があります。もちろん手間をかけた分だけ、より良い宣伝になることは間違いありませんが、この点に関してはフランチャイザーとフランチャイジーの間で話し合いをすることにより決まることが多いです。

可能な限り本部のほうでも調整をしてくれる

夏期講習期間に大変なのは、通常の授業以外にも夏期講習としての授業をしなければならないことです。なぜ通常授業以外にも夏期講習の授業をいるかといえば一つは売り上げを伸ばすためです。

通常学習塾は、通常授業だけでは黒字化するのは難しいとされており、夏期講習などをおこなってようやく黒字化する傾向にあります。そのため、この時期はかなり力を入れて講習会をおこなうことになるでしょう。

時間帯としては、通常の授業の場合には夕方4:00ぐらいからスタートし夜の10:00ぐらいに終了するのが一般的です。準備時間など入れると、午後1:00ぐらいには出勤しておいたほうがよい計算になります。

ところが、夏休みの期間に関しては通常授業だけでなく講習会の授業も含まれるため午前中から教室を開けていなければいけません。子供も、学校に行き授業を受けることはありませんので、午前中からくることも十分可能になります。そうすると、計画を立てるのは非常に大変になります。

たいていのフランチャイズの教室ではそこまで広さに余裕があるわけではありません。そのため、講習期間は多くの生徒が出入りします。普通に考えれば、いつもの2倍から3倍の生徒が出入りしますので人数の調整をおこなうことが重要です。

例えば、個別指導塾について見ていくとしましょう。個別指導塾の場合には、先生一人に対して生徒が2人から3人ぐらいになるのが普通です。まず、生徒が午前中に申し込んだ場合、果たして先生が午前中に行くことができるか問題になります。

もし、先生が入ることができるとすれば問題ありませんが、その時間に入ることができないとすれば別の講師が担当することになるでしょう。そうすると、それを生徒と保護者に説明をしておかなければ後でトラブルになる可能性があり得ます。

後は、どのようにして人数を分けたらよいかアドバイスをくれることがあります。そのアドバイスに従えば、少なくともトラブルが発生するようなことは極力なくなるでしょう。結果的に、満足のできる講習会になりやすいです。

売り上げを伸ばす方法を教えてくれる

夏期講習は、学習塾の中で一番売り上げが伸びる時期になります。そのため、本部としても売り上げを伸ばす方法などを説明してくれるでしょう。

一つはチラシの作成であり、もう一つが教室の人数調整ですが、それ以外でもどのようにしたらたくさんの生徒が講習会に参加してくれるか、そして授業をたくさんとってくれるかを教えてくれることもあります。

例えば、人間の心理的に考えると、単に講習会におこなうので来てくださいというだけでは何が重要なのか伝わらず生徒が参加しないでしょう。感覚的に、講習会の重要性が理解している人ならばよいですが、多くの人は明確な目標がない限りお金がかかるだけの期間と考えてしまいがちです。

そこで、各保護者に対して、いったいどのような目的で講習会をおこなうのか説明することが必要です。集団で集めて説明してもよいですが、事前に懇談会などをおこないそれぞれの保護者に対して明確な目標や目的を設定します。

また、それと同時に生徒に対してもなぜ講習会をおこなうのかの説明をしておく必要があるでしょう。両方に説明することで、多くの参加者を集めることができます。

 

学習塾で夏期講習をおこなう場合には、本部が積極的に協力してくれる可能性が高いです。本部のサポートもさまざまな種類がありますが、そのうちの一つがチラシの作成になります。チラシを作る場合には、手の込んだものを作るところもあり得ます。

次に、集めた生徒はどのように調整していくかも重要になります。調整をすることにより、無駄なく無理なく授業をすることができるようになるでしょう。

後は、保護者や生徒に対しての目標設定が重要になります。この方法も本部に聞けば教えてくれます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧