個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾をフランチャイズで運営するメリット

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/20

これから個別指導塾をスタートさせる場合、個人で営業する場合もあればフランチャイズで運営する方法もあります。もしフランチャイズで営業する場合にはどのようなメリットがあるでしょうか。

いくつかのメリットを理解することでフランチャイズの魅力を知ることができるでしょう。

未経験からでも参入することが可能になる

今まで、会社を経営したことがない人や学習塾を経営したことがない人ならば、フランチャイズ契約をすることには大きなメリットがあります。その一つが未経験からでも参入できるようにさまざまな準備がされていることです。

例えば、個人で起業する場合を考えればまず、学習塾の名前を考えて看板などを用意しなければいけません。看板を用意する場合にはそのデザインなども必要になります。

それに加えて、机やいすなどもすべて業者にお願いをして用意してもらう必要があるでしょう。いくつぐらい用意するかも最初は見当つかないかもしれませんが、これらの準備だけでかなり体力を使ってしまいます。

これに対して、フランチャイジーとしてスタートする場合には、すべてフランチャイザーのほうで準備をしてくれるためわざわざ無駄な体力を使わなくて済みます。机やいすの個数などもフランチャイザーに相談すればある程度明確な答えが返ってくるでしょう。

経験その豊富なフランチャイザーの指示に従えば、それほど無駄な時間を使用する必要もなくなり大きなメリットと言えます。場所に関しても、フランチャイザーに相談するとより良い場所を選んでくれます。

もし、自分で選ぶ場合には場違いなところを選んでしまい、契約をしてから後悔することも考えられます。例えば、よくある間違いは地域密着型の学習塾にするのに駅前などのテナントを契約してしまう場合です。駅前の場所としては素晴らしわけですが、その分賃料が高くなって毎月の負担が大きくなるでしょう。

特に黒字になるまでの最初の何年間は一方的な赤字が続く傾向があります。それだけ耐えることができれば問題ありませんが、そうでなければより安いところを借りるのがよいでしょう。フランチャイザーも自分たちの塾の特徴をよく知っているため、わざわざ駅前の賃料が高いところにテナントを借りなくてもよいと考えているところもあるわけです。

経営をするうえでのノウハウを提供してくれる

フランチャイズ契約をしたほうがよい理由の一つは個別指導塾を経営するうえでのノウハウを提供してくれることです。よくある勘違いは、今まで学習塾の講師をしていた人が、勉強を教えることに対して自信を持っているので学習塾をスタートさせようとするパターンです。

この場合、たいていは今までの個別指導塾に対して何らかの不満を持っているパターンがあります。例えばあまり稼げない場合や面倒な指示を受けて仕事をしなければならない場合です。それならば自分で個別指導塾を開いたほうがよいと考え独立することがあるわけです。ですが、教えることがうまいことと学習塾の経営をすることは全く別のものと考えておけばよいでしょう。

経営をする場合には三つの能力が必要とされています。それは「職人としての能力」「経営者としての能力」「会計能力」です。このうち教えるのがうまいのは職人としての能力が優れていることを意味しています。経営者としての能力は学習塾の講師を務めた程度では身につけることができません。また会計能力に関しても誰か人の力を借りなければならないでしょう。

そこで、経営者としての能力を身につけるためにはフランチャイザーの力を借りることが必要です。フランチャイザーのほうでは、経営をするうえでのさまざまなノウハウを持っていますのでこれに従うことで間違えた方向に行くことはないでしょう。

最初の段階で間違えた方向に行ってしまうと取り返しがつかないことになりますが、海千山千のフランチャイズ側に従えばうまく黒字にする方法を教えてくれます。生徒を増やす方法をとして、一般の人はチラシや広告などに頼ってしまう傾向があるでしょう。確かに、チラシや広告は大きな武器になります。

ですが最近は、昔のようにチラシや広告を出したからといってすぐに生徒が集まってくる時代ではなくなりました。インターネットがなかったころは 500枚から600枚のチラシをまけば生徒が一人入ってくる時代でしたが、最近は3000枚ぐらいチラシをまかなければ生徒が入ってこない時代になっています。

この点に関しては、フランチャイズ契約のときに提供してくれる名前や看板を借りることで比較的簡単にお客さんを入れることができます。やはり保護者としても、可能な限り知名度が高く安心できそうなところを選ぶため、黒字にする場面におけるフランチャイザーの力は非常に大きいといえるでしょう。

会計に関しては、自分で会計力を身につけることも必要ですが、よい会計士などもフランチャイザーのほうで紹介してくれることがあります。

リスク管理がとても重要になることを理解する

フランチャイズ契約で魅力的なのは、売り上げを伸ばすことだけではありません。実は、リスク管理を十分におこなってくれます。多くの経営者は、売り上げを伸ばすことばかりを考えて仕事をしています。ですが実際に経営をしてみると売り上げを伸ばすこと以上にリスク管理をすることのほうが重要なことが理解できます。

個別指導塾の場合に考えられるリスク管理は、生徒が激減してしまう時期があることです。例えば、最初の1年目は順調に生徒数を集めることができ調子が上がってきても、あることがきっかけで生徒が次々に辞めてしまうことがあります。面白いもので、経営する場合にも流れがありたくさん入ってくるときもあれば一気に人は辞めていくときもあるわけです。

どのような理由で辞めていくかは実際に生徒に聞かないとわかりませんが、なかなか正直に理由を教えてくれることはないでしょう。この場合には、理由がよくわからないまま生徒の退会をふせぐことができず次々と生徒が辞めてしまい暗い空気が教室に漂ってしまいます。

生徒の退会が連鎖的におこなわれひと月に10人以上辞めることもあるでしょう。そうすると、今まで上り調子だったのに急激に下り坂に差し掛かり、下手をするとそのまま壁に激突してしまいます。これを避けるようにするためには、日ごろからのリスク管理が重要なことと同時に、実際に問題が起きたときに最小限に食い止めるノウハウが必要になります。

経営をしたことがない人はこのノウハウを持っていませんが、フランチャイザーの場合には過去に何度もそのようなことを経験しているため、リスクを最大限に減らす方法を教えてくれます。このノウハウを持っているかどうかは、経営をするうえでとても重要になり、さらにそこから飛躍的に売り上げを伸ばしていくか、あるいはそのまま教室をたたむことになるかの分岐点といえるでしょう。

 

フランチャイズ契約を結ぶときのメリットは、まず事前準備を整えてくれることです。事前準備を十分におこなうことができるかどうかで順序に経営できるかが決まってくるといっても過言ではありません。

また、オープンしてからどのように生徒数を覚悟し売り上げを伸ばしていくかもフランチャイザーからアドバイスをもらうことで身につけることができます。さらに重要になるのはリスク管理です。生徒が大量に辞めたときの対処法やそもそも大量に辞めさせないためにどのようにしたらよいかをフランチャイザーのほうで教えてくれるでしょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 アクシス
アクシスの画像
第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
記事一覧