個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾フランチャイズの開業成功率はどれくらい?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/16

個別指導塾のフランチャイズ経営をする前にしておきたいことの一つが、成功率がどの程度になるかです。

成功率が高ければ参入しやすいですが、それでもなお開業する前に前に対策を立てておかなければなりません。

そこで、成功率と成功できる条件を見ていきましょう。

 

成功に必要なお金をどのように作り出すか

個別指導塾のフランチャイズ契約をするにあたり、その成功率がどれくらいかは70パーセント以上とされています。フランチャイズに参入した場合、5年以上継続している塾が70パーセント以上あることが根拠になります。学習塾も5年継続すれば、軌道に乗りますので成功しているといってよいでしょう。

やり方さえ間違えなければ、多くの場合70パーセントに入る可能性が高くなるでしょう。では、どのようにしたら 70パーセントに入るかを見ていくとまず資金をしっかり貯めておくことが重要になります。成功するためには、やはりお金が重要になるところです。資金不足により、開業してみたもののロイヤリティーの支払いができなかったり、人件費の支払いが難しくなったりすることもあります。

銀行からお金を貸してくれればよいですが、銀行からお金を借りる場合も信用が必要になります。あるいは、借りるお金に匹敵する担保などがなければ貸してくれません。もし、資金が続かなければそのまま閉鎖することになりかねませんので、開業前の資金集めはとても重要です。

資金集めの方法の一つは、まず自分で十分にお金を貯めることです。理想としては、個別指導塾のフランチャイズの学習塾の初期費用はすべて自分で貯めることですが、現実的にそれができる人はそれほど多くありません。そこで、お金を借りることを念頭に入れておきましょう。ただし、先ほど述べたように銀行ではなかなかお金を貸してくれません。担保があればよいですが、信用貸しの場合には過去に何度が取引きをしていなければ難しいところがあります。

そこで利用するべきは、公庫でしょう。公庫は、国が運営しているため比較的審査基準も厳しくありません。少なくとも銀行からお金を借り入れより分かりやすいといえるでしょう。なぜこのような制度があるかといえば、自営業者を増やしたいからです。自営業者を増やすことにより、国も豊かになっていく可能性が高くなります。

ただ、お金を借りるための条件が二つあり、一つは事業計画書を提出することそしてもう一つはその事業計画書をもとに面談をおこなうことです。つまり、事業計画書がしっかりしたものでなくてはいけないだけでなく、面談も質問に対して明確に答えられるようにしておかなければいけません。

これらを明確にしておくことで、十分な資金を借りることは可能です。ただし、資金を借りる場合にも1,500万円以内になっていることや持ち金と同程度しか貸してくれないことがほとんどです。例えば持ち金が500万円ある場合には、公庫が貸してくれるお金も同じく500万円程度です。つまり、開業資金の半分は自分で用意しておきましょう。しかも成功するには、開業資金だけでなくある程度先を見越してお金を貯めておかなければなりません。

 

成功率を上げるためには能力も必要になる

フランチャイズ経営で成功したい場合には、オーナーの能力も関係あります。もちろんフランチャイズ本部の方で、マニュアルを管理しているためその通り行動をすれば成功する可能性も高まります。ですが、本部のマニュアルだけに頼るのではなく、自分自身の能力も高めておかなければできません。

そこで、個別指導塾のフランチャイズを経営するにあたり、必要な能力はまず人材の確保にあります。個別指導塾のフランチャイズでは、自分だけで授業をおこなうことはできません。個別指導になると、先生を15人から20人程度を雇わなくてはならないでしょう。

そのうち、多くは学生のアルバイトになります。アルバイト契約を結ぶことになるだけでなく、それぞれ学生のスケジュールに合わせてうまくカリキュラムを組んでいく必要があるでしょう。休んでばかりいる先生がいれば、当然生徒に迷惑をかけてしまいクレームの対象になってしまいます。

この場合、上手にフォローすることができるか、うまく休まない仕組み作りをすることが重要になります。このときに必要になるのが、講師とのコミュニケーションです。単に雇っている関係と雇われている関係をつくり出すだけでなく、コミュニケーションが十分におこなわれることで、よい関係を築き上げることができるでしょう。それに加えて、関係が良くなれば無断で休むようなことや欠席自体も少なくなる傾向があります。

さらに、オーナーのいうことをしっかり聞いてくれる可能性が高くなるでしょう。もし、自分自身が教室に出るならば、その点をよく理解しながら相手とのコミュニケーションを図りましょう。もし、自分自身が教室にあまりいかず、教室長に任せるならばコミュニケーションの重要性を伝えておかなければいけません。

後は、どのように魅力ある学習塾づくりをするかで成功するか決まるところです。魅力ある学習塾とは、単に教室が清潔なことや明るい雰囲気なだけでなく成績アップすることが基本になります。講師たちがそれぞれ成績アップするノウハウをもっていることとそれをしっかり管理できるオーナーの力が必要になってきます。そこで、どのようにしたら人の心理を動かすことができるのか、つまりどのようにしたら勉強のやる気を出すことができるのかを十分に研究しておきましょう。

さらに重要になるのは、保護者に伝える力です。保護者とのコミュニケーションも個別指導塾では重要になります。個別指導塾では、保護者の方も先生にじっくり見てもらいたいと考えていますので、比較的教育熱心な人が多い傾向にあります。保護者とのコミュニケーションを十分に取ることで、辞めにくい環境を作り出し成功することが可能になります。

 

宣伝やフォローを十分にすることで成功しやすくなる

フランチャイズで成功するためには、個別指導塾の宣伝が必要になります。特に初期の段階では、どれだけ宣伝したかにより生徒数が変わってくるといえるでしょう。宣伝をするといっても、むやみに個別指導塾のチラシをまけばよいわけではありません。

それよりもむしろ、適切な時期にチラシやダイレクトメールを出すことで効果を出すことができます。重要な時期は、テストが終わったあとと新学期が始まるときです。中学生の場合には、中間テストや期末テストの結果が出たあと、学習塾に通わせたいと考える保護者が増えます。また、2月から3月も学習塾に通わせたいと考える保護者が多い傾向にあります。つまりうまいタイミングでチラシをまけば、十分な成果を出すことができるでしょう。

その一方で、口コミを発生させることも成功させる理由の一つになります。口コミを発生させるためには、成績アップしたらいることや顧客に対する対応が十分されていることが必要になります。これにより、成功しやすい学習塾ができあがるでしょう。

 

個別指導塾のフランチャイズでは、5年以上続けている学習塾は70パーセント程度になります。ある意味5年以上続けば、軌道に乗っている状態ですので成功しているといってよいでしょう。

成功するためには、まず資金を十分に集めることが必要になります。開業資金を用意するのは当然として、経営が始まってからもある程度余裕をもっておくべきです。

また、講師とのコミュニケーションや顧客フォロー、成績を上げる技量をつけること、そして十分な宣伝が重要になります。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 アクシス
アクシスの画像
第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
記事一覧