個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾フランチャイズの講師の募集方法は?

公開日:2019/08/15  最終更新日:2019/07/16

「自分で学習塾を開業したい」と考える人には、個人で学習塾を経営する方法と、フランチャイズ契約をして経営する方法の二つの道があります。

どちらもメリットとデメリットの両方がありますが、経営に詳しくない人や自信がない人は、バックアップ体制が充実しているフランチャイズ契約がおすすめです。

 

さまざまな特徴の講師をたくさん確保する必要がある

学習塾のなかでも個別指導塾では「質の良い講師をいかにしてたくさん集めるか」という点が重要となってきます。個別指導のシステムにもよりますが、ほとんどの個別指導塾では、一人が一人から三人程度の生徒を担当するため、一コマの授業で複数の講師が必要となってきます。

また、夏期講習などの季節講習では、受講する生徒の人数が増える傾向にあるため、普段の二倍近くの講師を確保する場合もあります。個別指導塾の開業を考えている人は、集団授業の塾と異なり、たくさんの人材を確保しなければいけないという大変さを知っておく必要があります。

また、人数だけでなく、性別や学力など、さまざまなバリエーションを考えて人材を確保することも重要となってきます。例えば、小学生が多い個別指導塾だと、女性や小学生の対応に慣れた講師など、幼い子供でも親しみやすい人材をたくさん確保することが求められます。

また、大学受験を考える高校生が多い個別指導塾だと、大学受験に対応できる高学歴の人材を確保することが大切です。なぜならば、大学受験では、物理や日本史などの専門分野の知識や、国立大学受験にも対応できる指導力など、人並み以上の能力が求められるからです。

このように「さまざまな年齢、性別などのバリエーションの豊かさ」や「高学歴や専門知識に特化した人材」など、特徴に富んだ講師を確保することが重要となってきます。人材集めに関しても、フランチャイズ契約をおこなえば、そのノウハウを教えてくれたり求人を出してくれる場合もあるため大変安心です。

例えば、求人サイトや求人雑誌に掲載してくれたり、大学など学生アルバイトが集まりやすい場所に求人を出してくれるなどの対応が期待できます。また、個人経営より大手会社がバックについているほうが、給与の支払いに安心が持てるという理由から応募が集まりやすい傾向もあり、人材集めも容易になります。

さらには、どうしても良い人材が集まらない場合は、親会社の本部から応援を回してもらえる可能性もあるため安心です。どういった状況であれ、必要な援助を受けることができるという点で、フランチャイズ契約は経営初心者にとって心強い存在と言えます。

 

質の良い講師を集めるための具体的な方法とは

良い人材を集めるためには、なるべくたくさんの人の目が留まりやすいところに求人を出すことが重要となってきます。例えば、駅やコンビニなどで手に入るフリーペーパーや格安の求人雑誌、ネットで検索できる求人サイトなどが手頃なところだと言えます。ほかにも、ハローワークなどの公的な求人機関や地元の広報誌、ケーブルテレビのコマーシャルなどの例も挙げられます。

公的な機関以外では、広告掲載費が発生するため、人材が集まるまでは莫大な広告費がかかることを覚悟しておく必要があります。特に、新聞やテレビなど、メディアを利用した宣伝や求人は、比較的、高額な広告費がかかる場合があるため、よく考えて利用することが大切です。

求人に関しては、フランチャイズ契約をおこなうと、ほかの教室の募集と合同で掲載することが可能なため、広告費の軽減にもつながると言えます。また、フランチャイズ契約の親会社が広告費や求人にかかる費用を捻出してくれる場合もあるため、初期投資が少なくて済むことも多々あります。

さらに、広い地域を視野にして求人を出せば、さまざまな特徴を持った人材が集まるため、各教室にとっても大変有効です。例えば、女子大や短大が多い地域では女子学生のアルバイトが集まる傾向にあり、国立大学がある地域では高学歴な人材が集まると予想できます。

また、地域に大学がない場所では学生アルバイトが集まりにくいため、社会人や主婦が目につきやすい求人方法を考える必要があります。こういった現状を踏まえて、各教室において、生徒のニーズに合わせて人材を入れ替えたり、求人の仕方を変えることができるのも、フランチャイズ契約の大きな強みです。また「どういった地域で、どのような求人を出せば良い人材が集まるか」というノウハウを知っていることも、大きなメリットと言えるでしょう。

 

どうしても人材が集まらないときは派遣会社を利用する

比較的、費用がかからない求人方法としては、公的な求人機関を利用したり、ネットやフリーペーパーなどの掲示板を利用する方法が挙げられます。多少、費用がかかりますが、チラシやポスターを作成して、人目に付きやすい場所や大学に掲示するのも効果的な方法です。

しかし、それでも人材が集まらないときのために、講師の派遣会社を利用するという方法があることを知っておくと便利です。派遣会社は全国各地にあり、会社によって特徴が異なるため、地域の派遣会社などを常日頃からチェックしておくと安心です。例えば、教育に特化した派遣会社や、高学歴な人材をたくさん把握している派遣会社、元教師の肩書を持つ人材を扱う派遣会社などは知っておくと大変便利です。

そういった会社に、一度、求人の問い合わせをしておき、こちらが希望する人材が見つかったときに紹介してもらえるように手配しておくと大変効果的です。ただし、派遣会社によっては、ほとんど経験がない人やこちらの希望に沿わない人材を紹介してくるケースもあるため、注意して採用する必要があります。

親会社によっては、新人講師の研修が徹底されていたり、初心者でもわかりやすいようなマニュアルを作成しているところもあります。特に、個別指導塾では、毎回、生徒が異なる講師の授業を受けることも珍しくなく、指導内容の引継ぎは大変重要なポイントとなってきます。授業の質が変わることなく、毎回の授業がスムーズにおこなわれ、生徒の理解が進むためにも、研修制度や新人教育は大変重要です。このような人材の育成プログラムが充実していることが、フランチャイズ契約を結ぶ大きなメリットであると言えます。

 

学習塾の経営で成功するために必要なことは、初めにより質の良い講師を集めて実績を伸ばし、評判を挙げて生徒の入塾を確保することです。学習塾ですので、どんなにサービスを良くしても、生徒自身の成績が上がらなければ、塾として成功するとは到底思えません。

そのためには、質の良い人材を確保して、どんな生徒にも柔軟に対応できるように準備しておくことが最も重要です。特に、集団授業の塾とは異なり、個別指導塾ではたくさんの人数の人材を確保して、その日の授業に合わせてシフトを組むことが求められます。

そのため、学習塾の運営において、求人活動は最も重要であり、人材の確保が評判や経営状況に関わってくると言っても過言ではありません。学習塾の開業に自信がない人や初心者は、フランチャイズ契約をすることで、これらの不安を解消し、効果的に良い人材を確保することをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 アクシス
アクシスの画像
第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
記事一覧