個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

質が悪い個別指導塾の特徴とは?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/21

経営の支援を受けられるフランチャイズは、多くの分野で利用されているサービスで人気があります。実は個別指導塾を経営したいときにも使えるため、上手く利用すれば大きな成功を得られる可能性も高いです。

ただ質が悪い塾の経営をしていると失敗してしまうので、どのような問題が起こりやすいか理解しておく必要があります。

 

質が悪いと問題になる個別指導塾

塾の経営は大きな利益を得られる場合もあるので、起業するときに利用しやすいビジネスです。ただ準備をせずに起業しても失敗しやすく、どのようにするか十分に考えなければいけません。自分で設備などを用意して事業を始める方法もありますが、フランチャイズサービスを使って対応するのも可能です。

設備などについて支援してくれるため、初心者でも始めやすくメリットがあります。支援を受けながら個別指導塾を経営するときは、失敗する可能性を考えておかなければいけません。リスクを理解しておけば安定した経営ができるので、どのような問題が起こりやすいか理解しておくのは大切です。

質が悪い塾の経営は失敗しやすく、生徒が辞めやすいので気をつけなければいけません。このような塾には特徴があるので、どういう所なのか分かっていれば問題に対応しやすくなります。トラブルが起こりやすい塾の特徴としては、生徒の都合を考えずに問題を押し付ける場合があります。

例えば売上をアップさせるために、特定の商品を売りつけるなどの行為は問題になります。勉強するために必要なものを販売するのは問題なく、適正な価格ならば不満を持たれることもありません。

しかし高い値段であまり価値のないものを、売ってしまうと評判が下がるので注意がいります。他の起こりやすいトラブルとしては、生徒の実力に合わせた教育をしていない場合があります。高い学力があれば大きな問題にはなりませんが、学力がない人に難しい教育をおこなうのは良い方法ではありません。

十分に理解していない生徒に難しい内容の説明をしても、理解ができず実力を得られないので注意がいります。その人に合った教育をするのが重要になるため、実力を調べながら対応しなければいけません。生徒の実力は定期的に確認しておくべきで、学力が高くなったらそれに合わせて教育方法も変えていきます。

適切な対応をしておけば信頼を得やすく、塾の経営も成功しやすくなるのでメリットがあります。評価の悪い塾には特徴が存在していて、それは生徒の都合を考えずに教えてしまっている場合です。利用している人にとって価値のあるサービスを提供していれば、塾の信頼を得られ良い形で経営ができます。

 

個別指導塾を経営するときのポイント

成功している個別指導塾もありますが、評判が悪くあまり上手くいっていない所もあります。質が悪い塾は生徒が集まらない場合があるため、長く経営を続けられず問題になりやすいです。問題になりやすい塾の特徴としてあるのは、授業料が適切ではなく高い場合があります。

相場よりも金額が高い所は評価が下がりやすく、生徒が集まらないので注意しなければいけません。料金が高くても利用者が来る塾はありますが、それは特別な教育を受けられるからです。一般的な塾ならば相場に近い金額にする必要があるため、どの程度にするか十分に考える必要があります。

どの程度が相場なのか知りたい場合は、周囲にある同じような塾の金額を調べると分かります。複数の塾を調べれば相場を把握できるので、自分の経営している所の金額が妥当か判断できます。金額が高い塾はそれに合った教育を受けられれば、利用者も不満を持つ可能性は低いです。

しかし十分な結果を得られないのに料金が高い所だと、評判が悪化しやすいので注意しなければいけません。適正な金額でサービスを提供していれば、事業を長く続けられるのでメリットを得られます。ビジネスを長く続けるためには、授業料が高くないか日頃からチェックしておく必要があります。

また評価の低い塾の特徴としては、生徒にたくさん宿題を出す所も問題になるので気をつけるべきです。勉強を教えるためには宿題を出して、それをやってもらうのも必要になります。しかし過剰な量の宿題を出してしまうと、生徒の負担が大きくなってしまうので注意がいります。

生徒は塾以外にも学校からも宿題を出されるため、負担にならないように配慮しなければいけません。宿題を出すときは生徒に時々話を聞いて、負担が大きくないか確認しておくのが大切です。問題になっているのに気づかないと辞めてしまうため、日頃から十分に話し合って問題がないか聞いておく必要があります。

信頼できる経営をしていれば利用者からも評価を得やすく、安定したビジネスを続けられるので効果的です。特に生徒との信頼関係は重要になるため、問題が起きていないか話し合いつつ経営をしなければいけません。

 

問題がある個別指導塾を改善する方法

生徒が集まらない塾には何らかの問題点があって、良くあるのは十分な結果が得られない場合です。個別指導塾を利用するのは受験対策などの、特定の目的があるからで短期間で学力をつけるために利用しています。質が悪い塾だと利用していても学力が上がらず、十分な実力をつけられないので困ってしまいます。

受験対策として利用できなければ、辞めなければいけなくなるので問題になります。信頼される経営を続けたいならば、生徒の実力を高められる工夫をしなければいけません。受験対策で利用している生徒に対しては、短期間で十分な学力を得られる支援をする必要があります。

利用者の学力を良い状態にできない場合は、フランチャイズサービスを提供している所に相談するのも効果的です。支援をしてくれる会社では、教育に関する相談も乗ってくれるので対応できます。フランチャイズサービスの会社と話し合えば、生徒への教育方法について詳しく話を聞けます。

自分では分かりづらい点も指摘してくれるため、ビジネスの問題点を理解しやすくメリットが大きいです。他の個別指導塾を経営するときの問題としては、利用している教材が分かりづらいケースがあります。内容を把握するのが難しい教材を使っていると、生徒の実力を高められず問題になります。

教材は自分で用意する方法もありますが、支援してくれる会社に頼んでしまうのも可能です。多くの実績がある会社に相談しておけば、生徒を教えるときに向いている教材を用意できます。また評価の低い塾は人間関係のトラブルが原因で、信頼を失っている場合もあります。

講師が何らかの形で生徒に問題を起こしている場合もあるため、十分に確認しつつ経営をするべきです。塾の講師の問題は経営者には案外気づきにくく、トラブルが大きくなっても把握できていないときもあります。

早めに気づかないと個別指導塾の評判が下がるので、日頃から生徒と接して情報を集めておかなければいけません。長く塾の経営をしたい場合はサービスの品質が重要で、信頼できる形で対応しておけば問題が起こりづらいです。十分な学力を得られるサービスを提供できれば、生徒からも評価されて経営も上手くいきます。

 

フランチャイズは便利なものですが個別指導塾の支援として使うときは、どのような問題があるか知っておくべきです。このサービスでは多くの支援を受けられますが、自分でしなければいけない作業も多いので注意がいります。

例えば質が悪い塾の経営をしていると生徒が減ってしまい、サービスを利用できなくなる場合もあります。評価が低い塾には特徴があるため、どのような問題があるか理解しておけばトラブルが起こらない形で経営を続けられます。

 

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 アクシス
アクシスの画像
第3位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
記事一覧