個別指導塾のフランチャイズ(FC)経営におすすめの学習塾を口コミや評判と共に比較ランキング形式でご紹介!

個別指導塾のフランチャイズと直営店の違いとは

公開日:2021/01/15  最終更新日:2020/12/22


子ども一人あたりの教育費は増えており、個別指導塾に通うのが当たり前になってきました。さまざまなサービスを提供していて、主に成績中位層をターゲットにしてパソコン授業を導入するなど、他の塾との差別化を図っているところが増えています。塾には直営店と個別指導塾のフランチャイズなどが存在し、それぞれ特徴があります。

本部からのサポートの有無などが異なる

フランチャイズの個別指導塾と直営店ではいくつか特徴や違いがあり、フランチャイズと直営店はどちらも個人事業主になって経営を行いますが、内容は大きく異なるでしょう。

フランチャイズの特徴として、個人が加盟金やロイヤリティなどを本部に支払って、そのブランドやサービス、ノウハウなどを利用する権利を得ながら事業として展開する仕組みです。本部は加盟者側に対していろいろな使用権を許可すると一緒に、開業してから実際経営するまで総合的なサポートを提供できます。

直営店の特徴について、個人がフランチャイズ本部を通さず、直接起業しながら運営する店舗のことです。フランチャイズと直営店の違いについて、フランチャイズの場合ブランドやサービス・ノウハウなどは本部から提供される仕組みですが、直営店はすべて自分で準備しなければいけません。

個人直営店は周りからのサポートがないので、さまざまな問題などを自分で解決することになるでしょう。塾を設置する場所や必要な機材など、すべて自分で手配することになります。

それぞれのメリットについて

フランチャイズのメリットといえば、初心者でも参加できることです。初心者でも開業できるノウハウやツールなどが用意されており、経験や資格などはとくに求められません。開業してから運営まではしっかりとしたサポートを受けることができるので、初めてこの業界に挑戦する人にとって大きなメリットです。

そのうえ比較的少ない開業資金からスタートできます。店舗準備や各種設備などを準備するには、相当の資金や時間がかかるでしょう。フランチャイズを利用すると、用意されたアイテムなどを購入できるので、多店舗展開においてもコストを抑えることが可能です。

経営のノウハウを学ぶことができ、加盟することによって、開業する前の事前研修や開業した後のフォロー研修などに参加できます。経営のノウハウなどを学ぶことが可能で、本部としっかり関係性を結んでおくと勉強できる機会は多くなります。

直営店でのメリットについて、自分のやりたいことを行うことが可能です。店舗の外装や内装など、すべてにおいて自分のやりたいように行うことができるでしょう。収益をそのまま手にでき、ロイヤリティがないので収益は収入になります。いろいろな戦略を自分で立てることができ、経営に関する戦略を考案し実行することが可能です。

認知度が高いので人を集めやすい

直営店の運営を検討している人もいますが、とくに初期コストがかかるので開業するのに躊躇する人も多いでしょう。同時に学習塾のフランチャイズを検討している人は多く、いろいろなメリットを得ることが可能です。本部とコンタクトを密に取ることによって、いろいろなサービスや特典を活用できるでしょう。

スケールメリットや認知度が高いので利用者を集めやすいという特徴があります。たとえば全国展開している塾の場合は認知度が高く、教室の名前を聞いたことがあった場合、全然知らない学習塾よりも信頼性があるでしょう。これは大きなメリットで、利用者に安心感を与えることができます。

スケールメリット面では、学習塾で使う教材の一つひとつについても、仕入れが安くなるなどいろいろなメリットがあります。生徒募集のため集客や運営ノウハウを利用でき、生徒集客をするためどの媒体によってどの時期にどう投資すればよいかアドバイスを受けることが可能です。

募集した生徒の成績をアップするにはどうすればよいのか、また塾を続けさせる工夫など、退塾防止対策を効率よくとることが可能です。売上管理も効率よく行うことができます。

儲かる仕組みを利用できる

フランチャイズを利用すると、学習塾経営において儲かる仕組みがあったり、ビジネスモデルがあるので便利です。経営をするにおいて売値を決定するのは大事なことで、いくらで販売するといくら利益が出るかなど、売値で利益が変わってきます。大幅な利益を得ようと売値を高くしすぎると、売ることができません。

利用者とのウィンウィンの関係になるような売値を本部で決定しているので、この儲かる仕組みを活用できるでしょう。オーナーは一人ではないので、気軽に相談できることもメリットとなります。

個人経営の場合、経営者は孤独になりますが、フランチャイズに参加すると同じ看板で経営しているので、同じ立場のオーナーがたくさんいるので便利です。いろいろなオーナーと情報交換できるうえ、気軽に相談することによって有用な情報などが手に入ることもあるでしょう。一人で悩むよりも解決が早くなる場合もあるので、心のよりどころもあるのは安心です。

いろいろな研修会に参加できる

情報共有が早くできたり意見交換することが可能です。実際に現場から吸いあげた情報を共有でき、経営者同士の悩みなどを共有できます。塾経営が初めての人も安心してできるよう、本部はいろいろな工夫を行っています。定期勉強会の開催や集客支援など、具体的に行動を起こしてくれます。

いろいろなサポート内容が整っているので、子どもの輝く未来のため本部はもちろん、オーナー同士の横のつながりも強化しながらお互いに支援できる環境を利用できます。フランチャイズに加盟するとオーナー同士のつながりを活用でき、実際教室を運営している先輩オーナーから、いろいろな経営アドバイスなどをヒアリングすることが可能です。

定期的に行われている勉強会では、夏期講習や冬期講習、定期テスト対策などについて相談できます。何か困っていることがあれば先輩オーナーと相談でき、本部スタッフも同席しているのでいろいろなアドバイスが受けられます。近隣だけでなく全国的に勉強会を開催しているところも多く、経営のプロである外部講師を招きながら経営において必要な知識や考え方などを学習することが可能です。

気軽にメールなどで相談可能

本部やスタッフからアドバイスやサポートを受けることが可能で、各オーナーからも貴重なサポートを利用できます。また研修会に参加したり、気軽にメールやSNSなどを通じたサポートを利用することが可能です。塾の経営において、集客は経営を左右する大きな要素になり、心配しているオーナーも多いでしょう。

フランチャイズに参加すると本部が集客支援を行っているため、夏期講習や冬期講習などの時期になると、本部の費用でインターネット広告支援などを利用することが可能です。いろいろなビジネスモデルを展開しているので、集客サポートによって安定した塾経営を行うことができます。

塾経営において集客の要になるのがチラシですが、季節毎に応じて有効的なチラシ作成を任せることが可能です。加盟しているオーナーの反響がとれるように、季節毎にチラシのデザインを作成し、広告支援を実施しています。チラシについての相談にも対応していて、チラシの配布協力も実施しているところが多いです。

 

個別指導塾と直営店には違いがありますが、フランチャイズに参加するといろいろなメリットを得ることが可能です。本部の力を借りて効率よく集客でき、オーナーを支援できます。直営店の場合は自分ですべて行うことになりますが、本部が個別指導塾のために安定した集客の実現をサポートしてくれるので便利です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
個別指導塾フランチャイズ(FC)ランキング!
第2位 明光義塾
明光義塾の画像
第6位 ヒーローズ
ヒーローズの画像
第7位 個別指導Wam
個別指導Wamの画像
第8位 アクシス
アクシスの画像
記事一覧